わげんせ web 仏教とお寺と人を結ぶ情報サイト

見る知る聞く

川越の観光地の魅力に触れられるVR動画「バーチャル川越観光~いつでも会える、川越~」YouTubeと川越青年会議所HPにて公開

公益社団法人川越青年会議所(埼玉県川越市、理事長:小谷野 和統)は、新型コロナウイルス感染症の流行による観光客の減少を受け、川越の観光地における魅力に触れていただく為、2020年9月30日にYouTubeと同青年会議所ホームページに「バーチャル川越観光~いつでも会える、川越~」VR動画を公開いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/226790/LL_img_226790_1.jpg
タイトル画像

■事業背景
川越が持続可能な発展をしていくためには、観光を通じたまちづくりが必要です。しかし新型コロナウイルス感染拡大により観光客は激滅し、今後の回復にも時間がかかることが予想されます。事業を通じてまちの人々がおもてなしの心をもち、多くの観光客が訪れるまちにしていく必要があると考えました。


■「バーチャル川越観光~いつでも会える川越~」事業概要
「バーチャル川越観光~いつでも会える、川越~」は川越の観光地における魅力を360度見渡せるVR動画(※)で発信します。新型コロナウイルス感染拡大の影響により移動を伴う観光が警戒されている中、直接訪れることなく川越の魅力を体感することができ、VR動画を通して「いつでも会いに行けるまち川越」を感じていただきたいと考えております。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/226790/LL_img_226790_2.jpg
VRゴーグル画像

※VR動画とは
VRは「Virtual Reality(バーチャル・リアリティ)」の略です。日本語では「仮想現実」と訳されます。VRヘッドセットを使用することで、360度の景色を視聴することができ、まるでその場所に訪れたように体験することが可能です。
尚、本事業の動画はヘッドセットがなくてもパソコンやスマートフォンの画面上から視聴することができます。


【コンテンツ詳細】
1.川越観光モデルルート
観光地の案内をモデルルートとしてVR動画で案内します。VR動画では観光地の案内を、まちの人びとからしていただく事で、人との触れ合いを通した温かみを感じていただけます。

<撮影内容 一例>
名所 :時の鐘
撮影箇所:時の鐘前、時の鐘下
案内人 :川越市観光課 主任 並木様

名所 :川越一番街
撮影箇所:蔵造りの町並、旧りそな銀行前
案内人 :川越一番街商業協同組合 理事長 藤井様

名所 :氷川神社
撮影箇所:大鳥居前、拝殿前、絵馬トンネル
案内人 :権禰宜 荒川様

名所 :喜多院
撮影箇所:本堂、五百羅漢、七福神大黒天
案内人 :住職 塩入様

名所 :川越城本丸御殿
撮影箇所:本丸御殿正面、大広間、中庭
案内人 :川越市観光課 主任 並木様

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/226790/LL_img_226790_3.jpg
動画サムネイル画像

2.ときもを探せ
視聴者に楽しんでいただきながら隅々まで動画内を見ていただくために、観光モデルルートVR動画内の数か所に川越市マスコットキャラクター「ときも」のぬいぐるみを設置しています。是非動画内をくまなく探してみて下さい。

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/226790/LL_img_226790_4.jpg
川越市マスコット「ときも」が隠れて出演

3.普段は見ることのできない場所のVR画像
モデルルート動画とは別に、普段は公開されていない観光地の特別な場所をVR写真として撮影しました。
VRならではの臨場感溢れる画像をお楽しみいただけます。

<撮影内容 一例>
名所 :時の鐘
撮影場所:時の鐘上部とそこから見えるまちの様子
説明 :「時の鐘」は多くの人びとから知られる川越のシンボルです。鐘楼の内部は通常入ることができずそこからの景色は川越の人でも見たことがある人はわずかに限られています。

名所 :氷川神社
撮影場所:本殿前
説明 :通常本殿は一年に一日だけ特別公開されています。江戸で「名工中の名工」と謳われた嶋村源蔵が七年の歳月をかけて彫りあげた精緻な彫刻群が施されています。

名所 :喜多院
撮影場所:客殿(徳川家光公 誕生の間)
説明 :国指定重要文化財江戸城紅葉山(皇居)の別殿を移築したものです。
江戸城にあった頃、3代将軍徳川家光公がここで生まれたと言われています。VRでの公開は初の試みです。

名所 :中院
撮影場所:茶室「不染亭」
説明 :中院は、「河越茶・狭山茶発祥の地」としても知られています。境内には「狭山茶発祥之地」という石碑が建てられ、川越藩所縁の遠州茶道宗家家元の献茶式も行われている。茶の文化が受け継がれ茶道教室が行われており、VRでの公開は初めてです。

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/226790/LL_img_226790_5.jpg
普段見れない川越市シンボル「時の鐘」の境内

【VR動画 公開概要】
公開日 : 2020年9月30日(水)
公開場所: 公益社団法人川越青年会議所2020年度 YouTubeチャンネル上
https://www.youtube.com/channel/UCkUNv0pybH7RPPc2BL6gpcg
公益社団法人川越青年会議所 webサイト上
https://www.kawagoejc.com/
主催 : 公益社団法人川越青年会議所
後援 : 川越市
公益社団法人小江戸川越観光協会

@Press 川越の観光地の魅力に触れられるVR動画「バーチャル川越観光~いつでも会える、川越~」YouTubeと川越青年会議所HPにて公開

2020年09月30日

公益社団法人川越青年会議所(埼玉県川越市、理事長:小谷野 和統)は、新型コロナウイルス感染症の流行による観光客の減少を受け、川越の観光地における魅力に触れていただく為、2020年9月30日にYouTubeと同青年会議所ホームページに「バーチャル川越観光~いつでも会える、川越~」VR動画を公開いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/226790/LL_img_226790_1.jpg
タイトル画像

■事業背景
川越が持続可能な発展をしていくためには、観光を通じたまちづくりが必要です。しかし新型コロナウイルス感染拡大により観光客は激滅し、今後の回復にも時間がかかることが予想されます。事業を通じてまちの人々がおもてなしの心をもち、多くの観光客が訪れるまちにしていく必要があると考えました。


■「バーチャル川越観光~いつでも会える川越~」事業概要
「バーチャル川越観光~いつでも会える、川越~」は川越の観光地における魅力を360度見渡せるVR動画(※)で発信します。新型コロナウイルス感染拡大の影響により移動を伴う観光が警戒されている中、直接訪れることなく川越の魅力を体感することができ、VR動画を通して「いつでも会いに行けるまち川越」を感じていただきたいと考えております。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/226790/LL_img_226790_2.jpg
VRゴーグル画像

※VR動画とは
VRは「Virtual Reality(バーチャル・リアリティ)」の略です。日本語では「仮想現実」と訳されます。VRヘッドセットを使用することで、360度の景色を視聴することができ、まるでその場所に訪れたように体験することが可能です。
尚、本事業の動画はヘッドセットがなくてもパソコンやスマートフォンの画面上から視聴することができます。


【コンテンツ詳細】
1.川越観光モデルルート
観光地の案内をモデルルートとしてVR動画で案内します。VR動画では観光地の案内を、まちの人びとからしていただく事で、人との触れ合いを通した温かみを感じていただけます。

<撮影内容 一例>
名所 :時の鐘
撮影箇所:時の鐘前、時の鐘下
案内人 :川越市観光課 主任 並木様

名所 :川越一番街
撮影箇所:蔵造りの町並、旧りそな銀行前
案内人 :川越一番街商業協同組合 理事長 藤井様

名所 :氷川神社
撮影箇所:大鳥居前、拝殿前、絵馬トンネル
案内人 :権禰宜 荒川様

名所 :喜多院
撮影箇所:本堂、五百羅漢、七福神大黒天
案内人 :住職 塩入様

名所 :川越城本丸御殿
撮影箇所:本丸御殿正面、大広間、中庭
案内人 :川越市観光課 主任 並木様

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/226790/LL_img_226790_3.jpg
動画サムネイル画像

2.ときもを探せ
視聴者に楽しんでいただきながら隅々まで動画内を見ていただくために、観光モデルルートVR動画内の数か所に川越市マスコットキャラクター「ときも」のぬいぐるみを設置しています。是非動画内をくまなく探してみて下さい。

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/226790/LL_img_226790_4.jpg
川越市マスコット「ときも」が隠れて出演

3.普段は見ることのできない場所のVR画像
モデルルート動画とは別に、普段は公開されていない観光地の特別な場所をVR写真として撮影しました。
VRならではの臨場感溢れる画像をお楽しみいただけます。

<撮影内容 一例>
名所 :時の鐘
撮影場所:時の鐘上部とそこから見えるまちの様子
説明 :「時の鐘」は多くの人びとから知られる川越のシンボルです。鐘楼の内部は通常入ることができずそこからの景色は川越の人でも見たことがある人はわずかに限られています。

名所 :氷川神社
撮影場所:本殿前
説明 :通常本殿は一年に一日だけ特別公開されています。江戸で「名工中の名工」と謳われた嶋村源蔵が七年の歳月をかけて彫りあげた精緻な彫刻群が施されています。

名所 :喜多院
撮影場所:客殿(徳川家光公 誕生の間)
説明 :国指定重要文化財江戸城紅葉山(皇居)の別殿を移築したものです。
江戸城にあった頃、3代将軍徳川家光公がここで生まれたと言われています。VRでの公開は初の試みです。

名所 :中院
撮影場所:茶室「不染亭」
説明 :中院は、「河越茶・狭山茶発祥の地」としても知られています。境内には「狭山茶発祥之地」という石碑が建てられ、川越藩所縁の遠州茶道宗家家元の献茶式も行われている。茶の文化が受け継がれ茶道教室が行われており、VRでの公開は初めてです。

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/226790/LL_img_226790_5.jpg
普段見れない川越市シンボル「時の鐘」の境内

【VR動画 公開概要】
公開日 : 2020年9月30日(水)
公開場所: 公益社団法人川越青年会議所2020年度 YouTubeチャンネル上
https://www.youtube.com/channel/UCkUNv0pybH7RPPc2BL6gpcg
公益社団法人川越青年会議所 webサイト上
https://www.kawagoejc.com/
主催 : 公益社団法人川越青年会議所
後援 : 川越市
公益社団法人小江戸川越観光協会

pagetop