わげんせ web 仏教とお寺と人を結ぶ情報サイト

見る知る聞く

@Press 伊東温泉 竹あかり -イルミロマン・ジャパネスク- 第2弾~この想い、天まで届け~『祈りの竹あかり』点灯スタート(静岡) イベント限定の絵馬を12月中旬ごろより発売予定

2019年12月11日

伊東市(庁舎:静岡県伊東市、市長:小野 達也)は、2019年10月1日から点灯をスタートした、「伊東温泉 竹あかり -イルミロマン・ジャパネスク-」の第2弾として、11月16日(土)より音無神社境内にて絵馬をかけることのできる竹あかり「祈りの竹あかり」の点灯をスタートしました。「祈りの竹あかり」はイベント終了の2020年3月31日まで点灯し続けます。
絵馬は音無神社でも購入できるほか、このイベント限定の絵馬を12月中旬ごろより発売予定です。
また「祈りの竹あかり」点灯に合わせて、3つのエリア・3つのコンセプトの竹あかりの演出を開始いたしました。
本イベントの詳細は下記をご確認ください。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/199626/LL_img_199626_1.jpg
伊東温泉 竹あかり


【イベント名】
伊東温泉 竹あかり -イルミロマン・ジャパネスク-


【特設WEBページ】
http://itotakeakari.com/


【伊東温泉竹あかり 動画】
https://www.youtube.com/watch?v=u_FMjjJKWDc


【イベント趣旨】
“竹あかり”を点灯させ、温泉情緒ある伊東らしさを感じる和の雰囲気を演出します。
県内最大規模で、松川遊歩道約700mにわたり、3つのエリアに渡って約400本の竹あかりが点灯します。
今後、旅館・ホテルのエントランスや商店街等にも竹あかりを設置し、統一した雰囲気を演出していきます。(全体で600本程度を予定)


【イベントの見どころ】
「3つのエリア・3つのコンセプトの竹あかりの演出」
橋を境にわけられた3つのエリアで、それぞれのコンセプトに沿った竹あかりの演出をしています。

(1)浪漫-roman-エリア(大川橋~いでゆ橋)
昭和初期の形がそのまま残る「東海館」のイルミネーションと、竹あかりの原始的な光とのコラボレーションをお楽しみください。古来から伝わる“温泉浪漫”を感じるはずです。

https://www.atpress.ne.jp/releases/199626/img_199626_2.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/199626/img_199626_3.jpg

(2)幽光-yukoh-エリア(いでゆ橋~通学橋)
“幽光”とは、「奥深い場所に輝く光」の意。
薄暗い小径を、松川のせせらぎと竹あかりの優しい光に包まれながらいつもより少しゆっくりと歩いてみてください。

https://www.atpress.ne.jp/releases/199626/img_199626_4.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/199626/img_199626_5.jpg

(3)神秘-sinpi-エリア(通学橋~音無神社)
エリア内の音無神社は、源頼朝のロマンスの舞台となった縁結びの神社です。七夕に短冊を笹竹につるすのは、古来から天に向かって伸びる竹が、天に願いを届けてくれると信じられていたからのようです。
音無神社境内の「祈りの竹あかり」に絵馬をかけて、あなたの縁結びの願いを天に届けましょう。

https://www.atpress.ne.jp/releases/199626/img_199626_6.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/199626/img_199626_7.jpg


【イベント概要】
点灯期間:2019年10月1日~3月31日
点灯時間:18:00~22:00(季節により点灯時間が早まることがあります)
点灯場所:松川遊歩道(大川橋~音無神社)、いでゆ橋、通学橋、音無神社

pagetop