わげんせ web 仏教とお寺と人を結ぶ情報サイト

見る知る聞く

@Press 大正7年(1917年)創業の酒蔵が37年ぶりに酒蔵として復活 ~酒蔵「世嬉の一酒造」×「日本酒女子会」の挑戦!~

2019年11月14日

岩手県一関市で大正7年(1917年)創業の酒蔵『世嬉の一酒造』が37年ぶりに酒蔵として復活いたします。また、この新規酒蔵復活プロジェクトに、日本酒女子会のご協力をいただき、新しい酒造りを目指します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/198386/LL_img_198386_1.jpg
世嬉の一酒造のスタッフ 中央が四代目 佐藤航、その左が三代目夫妻

【酒蔵復活の経緯】
全国的に清酒酒蔵が年々廃業、休業など減少していく中(昭和45年には3,533社の製造場が現在では1,600社)、世嬉の一酒造では酒蔵を新たに設立するプロジェクトを立ち上げました。

当社は、大正7年に創業し、閑院の宮様より「世の人々が嬉しくなる一番の酒造りを行う」という意味で「世嬉の一酒造」という名前をいただき、一時は岩手県を二分する大きな酒屋として繁栄しておりました。しかし、太平洋戦争、二度の水害などがあり、年々製造量が減少。そのうえ、昭和57年、二代目経営者の急死もあり、三代目が継いだ時には倒産寸前の会社でした。三代目は個人資産を売りつつ企業経営を継続し、生き残るため、酒造を共同醸造にし(他の酒蔵のタンクを借り醸造をすること)、清酒工場だった蔵を観光施設にすることで生き残りました。いつか酒蔵をこの地で復活するためにまずは企業の存続を選択したのです。

その後、順調に経営が復活し、一時酒蔵の復活も計画をしていたのですが、その際に宮城県沖地震、岩手宮城内陸地震、東日本大震災があり、またもや酒蔵復活は延期となりました。

2019年4月、東日本大震災の復旧事業もやっと終了し、37年ぶりにこの場所に酒造場を建設することになりました。

新しい酒造場の建設にあたり、令和の時代にふさわしい、新たな価値観に基づく新しい酒造りを目指すため、消費者団体である「日本酒女子会」(会員500名以上、代表 氏家エイミー氏)の協力をいただきながらにチャレンジしていくことになりました。

日本酒女子会様とは、酒蔵復活まで世嬉の一酒造のPRイベントや若者の酒の志向に関するマーケティング調査など様々協力していただく予定です。


【世嬉の一酒造について】
企業名 :世嬉の一酒造株式会社
所在地 :〒021-0885 岩手県一関市田村町5-42
代表者名:代表取締役社長 佐藤航(四代目、48歳)
社員数 :40名(社員:24名、パート:16名)
業務内容:清酒製造販売、ビール製造販売、郷土料理レストラン、
直売所、カフェ運営

<世嬉の一の歴史>
1918年江戸時代から続く熊文酒屋を初代徳蔵が受け継ぎ「横屋酒造」を創立。皇室や靖国神社などにも奉納する酒屋で、皇族 閑院の宮の宿泊先に指定されたりした。最盛期の醸造石数3,500石(約630KL)に至り、岩手を二分する規模と言われ「北の濱藤、南の横屋」と称された。その後、閑院の宮様より世の人々が嬉しくなる一番の酒を造りなさいと「世嬉の一」という名前をいただく。

1944年太平洋戦争中、国策に従いこの地方の酒造メーカー14社と合併し、両磐酒造を設立。

1957年両盤酒造から分離独立をし、規模を縮小して再出発をする。

1960年佐藤正が二代目社長就任。戦争、二度の水害で経営的に疲弊しつつも、世嬉の一酒造は、三蔵酒全盛期の中純米酒を発売するなど本物追及の酒を販売した。

1982年酒屋として経営が成り立なくなり、共同醸造にて事業継続を選択。※共同醸造(2つ以上の酒蔵が一つの工場で酒を醸造し経費を削減すること)

1986年遊休施設だった酒蔵群を外観はそのままに保ちつつ、博物館や郷土料理レストランに改築。地域のポケットパークとして活用。※事業が好調だった一関自動車学校を売却し、その売却した資金で蔵の補修、保全、活用を行った。

1995年いわて蔵ビール設立 市内有志と共同で取り組む。

1999年現存する7つの酒蔵群が国の登録文化財に指定される。

2011年東日本大震災に見舞われる。幸いお客様、スタッフに被害はなかったものの、蔵が倒壊。経営的にも息詰まる。

2012年三代目 佐藤晄僖が会長に就任、四代目として佐藤航が社長に就任。これから震災からの経済的復興を行う。

2018年創業100周年を迎え、酒蔵復活プロジェクトがスタートする。


【日本酒女子会に関して】
氏家エイミー(シンガー・ソングライター、元朧酒店店長)氏が主宰する、「美味しく、楽しく、華やかに」をモットーに日本酒好きな女性の消費者グループです。初心者から愛飲家まで、日本酒が好きな女性であればどなたでも参加でき、全国の日本酒の啓もう活動や地方の酒蔵の応援などを行っています。今回、世嬉の一酒造の酒蔵復活を応援するために様々なイベント企画や消費者アンケートなどを実施しております。

HP: https://sakejyoshikai.com/
FB: https://www.facebook.com/sakejyoshikai/

活動の動画(Youtube)
#1【世嬉の一酒造 酒蔵復活への軌跡】初訪問・佐藤航さんインタビュー編
https://youtu.be/GerWSmk1eHI


【今後のスケジュール】
現在、酒蔵復活のためのプロジェクト(イベントや工場設立計画)を行っている最中です。2020年10月ころを工場設立を目指し努力している最中です。

pagetop