わげんせ web 仏教とお寺と人を結ぶ情報サイト

見る知る聞く

@Press 神々に愛されたバリ島に、2019年2月1日「アプルヴァ ケンピンスキー バリ」がついにオープン インドネシアの優雅さを具現化した“野外劇場”が開幕

2019年01月24日

【インドネシア・バリ:2019年1月】ドイツの高級ホテル運営会社として世界中で名だたるホテルを展開するケンピンスキーホテルズが、インドネシアのバリ島に初進出し、リゾートの新時代を切り開きます。インドネシアが誇る文化、芸術、精神のエッセンスを散りばめた贅沢な楽園を表現した“野外劇場”のような「アプルヴァ ケンピンスキー バリ」は、2019年2月1日に開業することを発表いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/175416/LL_img_175416_1.jpg
アプルヴァ ケンピンスキー バリ 全景

リゾートが建つのは、バリ随一の高級保養地として知られるヌサドゥアの静かなビーチに面した絶好のロケーション。豪華設備のゲストルームとスイートルーム、静謐感あふれるヴィラを含めた475室の客室を備えています。6つのレストラン、バー、ラウンジは、いずれも五感を包み込む大自然のパワーを感じられ、特にレストランでは、屋内外から素晴らしい眺望を楽しみながら洗練された地元料理がお召し上がりいただけます。海に面したスパとフィットネスセンターは、大自然のオーラに抱かれる場所。バリの伝統的な自然療法をヒントにしたトリートメントで、心身のバランスと健康を促進します。
また60メートルのスイミングプールと独立したキッズプール、先進的なファミリークラブなどの充実した施設では、あらゆる年代のファミリーメンバーがそれぞれのスタイルにあったかけがえのない時間を過ごし、共有できます。また、アプルヴァ ケンピンスキー バリは、各種イベント、ビジネスミーティング、結婚式などの会場としても理想的。海を望むピラーレスのグランドボールルーム(面積1,076m2)や各種ミーティングルームも完備しています。


このたびの開業に際し、ケンピンスキーホテルズの取締役およびアジア地区COOを務めるマイケル・ヘンスラーは次のようにコメントしました。
「壮観にして驚異的。静謐に流れる贅沢な時間。アプルヴァ ケンピンスキー バリは、まるで荘厳な野外劇場を彷彿とさせるリゾートです。幾世紀にもわたって受け継がれてきたインドネシア文化が、この地で結晶のように新しい命を宿しました。ケンピンスキーがアジアで展開するホテルのポートフォリオに、またひとつ素晴らしい傑作リゾートが仲間入りします」

アプルヴァ ケンピンスキー バリは、インドネシアで2軒目となるケンピンスキーのリゾートです。ケンピンスキーがここ直近の2ヶ月で開業した2軒の大型ホテル(キャピトル ケンピンスキーホテル シンガポールとエメラルドパレス ケンピンスキー ドバイ)に続く新規オープンホテルとなります。

アプルヴァ ケンピンスキー バリの総支配人:ヴィンセント・ギロネットは、次のように述べています。
「私がこの美しい国に住んで12年。アプルヴァ ケンピンスキー バリは、インドネシアの文化と伝統を真に体現したリゾートです。『アプルヴァ』とは、サンスクリット語で『比類なき唯一の存在』を意味する言葉。まさに前例のない、このリゾートの本質を表した名なのです」


■大自然を体現したコンセプト
アプルヴァ ケンピンスキー バリは、崖の上からインド洋に向かって斜面をゆったりと下る建築設計が美しいバリの棚田を思い起こさせます。数々の受賞歴を誇る建築家のブディマン・ヘンドロプルノモ氏(英国デントン・コーカー・マーシャル社所属)は、何世紀も受け継がれてきた棚田とスバック(伝統的な灌漑システム)からヒントを得てリゾートのコンセプトを導き出しました。リゾートの現代的なバリ建築は、この島の豊かな自然や寺院などの風景をモチーフにしたデザイン。自然石を重ね上げた建物、ブーゲンビリアが咲き誇るテラス、水路のネットワークや陽光できらきらと輝くプールなどが交響曲のような調和を奏でています。緑豊かな風景のなかに現れた清冽な滝がリゾートの大階段の脇を流れていく光景は壮観。
250段の歩道は水を祀った神聖なブサキ寺院をヒントにしたもので、リゾートの中心部を流れて夜ごとのリチュアルを美しく演出します。


■伝統を称えるデザイン
著名インテリアデザイナーのルディー・ドードー氏(トリヴィアム・デザイン・グループ)が思い描いたのは、伝統と現代を融合させた贅沢なインテリア空間。インドネシア最高レベルの職人たちが古来の優れたデザインを駆使し、そこにモダンなタッチを加えることでアプルヴァらしい現代性を表現しました。リゾートを王冠のように象徴するのはインドネシアの建築様式「ペンドポ」のスタイルを採用したロビー。広々とした心地よいオープンスペースに重層的な屋根が高々とそびえ、視線をはるかなる宇宙へと誘います。ジャワ島に伝わる精密な手彫りのドアは、かつてインドネシアに繁栄したマジャパヒト王国を象徴するもの。
王国が芸術的な創造性の中心なら、「Selasar Deli(セラサー・デリ)」で供するアンクリンガンの屋台料理は日々の祝祭を感じさせます。宿泊ゲストは到着と同時にここが真に特別な場所であると実感できるのです。また客室はエキゾチックな木材をふんだんに使用し、ラグジュアリーでありながらも落ち着いたムード。地元産の布地やインドネシアらしいモチーフで、さりげなく洗練された雰囲気を漂わせています。各部屋から眺める海や周辺の景色もそれぞれに美しく、大きなパノラマビューの窓が豊かなストーリーを映し出しています。

オーシャン スイート
https://www.atpress.ne.jp/releases/175416/img_175416_2.jpg


■完璧なロケーション
トレンディーなヌサドゥア地域の崖の上に位置するアプルヴァ ケンピンスキー バリは、ビジネスにもレジャーにも完璧なロケーション。ングラ・ライ国際空港からはわずか15分の立地にあり、高級ショッピング施設、各種エンターテインメント、バリ国際会議場などへも車ですぐの場所に位置しています。


■気品に満ちた客室
広さ65m2の以上の客室を揃えるアプルヴァ ケンピンスキー バリでは、ゆったりとした間取りの客室から見事な眺望をお約束します。最上級カテゴリーでは最大1,379m2の豪華なエクスクルーシブヴィラ(ワンベッドルーム、ツーベッドルーム、スリーベッドルーム)を43室ご用意しています。プライベートプール、ラウンジエリア、トロピカルガーデン、屋外シャワー、ヴィララウンジへの限定アクセスを備えた究極の贅沢をお楽しみください。また、崖の上部または海に面したジュニアスイート162室、プライベートプランジプールを備えたスペシャリストスイート14室は、それぞれパノラマ眺望が満喫できるプール付クリフラウンジを自由にご利用いただけます。
美しく設えた256室のグランドデラックスルーム(65~80m2)では、伝統的なインドネシアの文様で飾られた室内から圧巻の眺望を堪能いただけます。


■比類のないダイニング
アプルヴァ ケンピンスキー バリでは、さまざまなグルメ体験をご用意しています。色彩と香味に満ち溢れたインドネシアやアジア各国の料理をご堪能ください。近隣の島々で獲れた魚介をつかった料理は、バリで初めての水族館レストラン「Koral(コラール)」へ。日本食が恋しくなったら、居酒屋「OKU(奥)」で受賞歴豊富な「OKUレストラン」(ホテル ケンピンスキー ジャカルタ)の人気料理を。ロビーにある「Selasar Deli(セラサー・デリ)」では、最高級コーヒー「コピ・ルアク」やインドネシアの漢方ドリンク「ジャムウ」などのお飲み物をご用意しています。オールデイダイニングの「Pala Restaurant & Rooftop Bar(パラ・レストラン&ルーフトップバー)」【下写真】の屋台風キッチンからは、魅力的な地元料理や世界の人気料理を提供いたします。
海に面したカジュアルな「Reef Beach Club(リーフ・ビーチ・クラブ)」でも美味しいお食事を、また、「Kubu Pool Bar(クーブー・プールバー)」では、プールサイドで爽やかな各種ドリンクをお楽しみください。

パラ・レストラン&ルーフトップバー
https://www.atpress.ne.jp/releases/175416/img_175416_3.jpg


■アプルヴァ スパ
リゾートの前面から海を見下ろす場所にあるアプルヴァ スパは、他に類を見ないくつろぎの隠れ家。「外面と内面の美が調和して真の美が実現する」というインドネシア古来の言い伝えを実践し、ジャワとバリの伝統的な叡智を取り入れたボディートリートメントやビューティートリートメントを提供します。まずはハーブとスパイスを加えた「ルルール」などの伝統的な軟膏で身体をスクラブし、外面の美しさを磨き上げて。夜明けのヨガや瞑想などのアクティビティでは、内面の調和をはかり、バランスを整えてください。トリートメントは「ティーンエイジ」「アダルト」「マリード」「ポストアダルト」の4ステージをご用意し、お客様に最適な特別メニューを提供いたします。
また、ご希望に合わせてさまざまなタイプのオイルやルルールを厳選します。


■ミーティング&イベント
海と緑に囲まれたアプルヴァ ケンピンスキー バリは、空港からわずか15分という交通至便なロケーションに位置します。客室やスイートルームの種類も豊富で、ミーティングやイベントの開催場所としても最適です。参加者全員の思い出に刻まれるカンファレンスや、絶景を背景にした結婚式にバリで随一のステージを提供いたします。開放的なピラーレスのグランドボールルーム(面積1,076m2)は、900人を収容可能。大規模なカンファレンス会場としても最適です。色々なタイプのイベントスペースやボードルームから、あらゆるミーティングに適した会場をお選びいただけます。海を見渡す2,200m2の芝生スペースは、屋外のカクテルレセプションや星空の下での記念式典にぴったりの場所。
また、3会場を擁するウェディングチャペルでは、お好みの規模で素敵な結婚式を挙げることができます。


■ウェディング
アプルヴァ チャペルは、ビーチに面した100席の結婚式場。前面がガラス張りの建物から望む美しいインド洋の絶景を背景に、生涯忘れられないウェディングを。チャペルの隣にあるのは、2フロアにベッドルーム3室を備えた「Nusantara(ヌサンタラ)プレジデンシャルヴィラ」。広さ1,379m2のリビングスペースと18mのインフィニティプールが、究極のハネムーンを演出します。


■アプルヴァ ケンピンスキー バリ|The Apurva Kempinski Baliについて
ヌサドゥアの壮大な崖の上に建ち、インド洋とトロピカルガーデンの壮観な眺めを楽しむことのできるアプルヴァ ケンピンスキー バリでは、ビーチフロントのラグジュアリーを存分に堪能できます。このバリの5つ星ホテルは、インドネシアの優雅さを具現化した壮大な野外劇場として自らを表現しています。475室のアイコニックなゲストルーム、スイート、ヴィラの大半にはプライベートのプランジプールが装備されています。ユニークなお食事体験や伝統のスパトリートメントから、広々としたミーティングルームや魅力的なチャペルまで、アプルヴァ ケンピンスキー バリは選りすぐりの体験ができる素晴らしいステージです。
http://www.kempinski.com/bali


■ケンピンスキー | Kempinskiについて
1897年創業のケンピンスキー ホテルズは、ヨーロッパ最古の高級ホテルグループです。ケンピンスキーの完璧なパーソナルサービスと最高のホスピタリティの豊かな伝統はそのロケーションの独自性によって完成されます。ケンピンスキーのポートフォリオは、現在34か国77軒の5つ星ホテルやレジデンスからなり、ヨーロッパ、中東、アフリカ、アジア、アメリカで新たなロケーションを増やし続けています。それぞれが伝統を損なうことなくケンピンスキーブランドの強みや成功を反映しています。同ポートフォリオは、歴史的建造物、受賞歴のある都会のライフスタイル・ホテル、素晴らしいリゾート、一流レジデンスから構成されています。
どこもその土地の伝統文化と、お客様のケンピンスキーへの高い期待に沿うクオリティーを融合させています。
ケンピンスキーは世界最大の独立系ホテルブランド連盟であるThe Global Hotel Alliance(GHA)の創設メンバーです。
http://www.kempinski.com/http://www.kempinski.com/presshttp://www.discoveryloyalty.com


■アプルヴァ ケンピンスキー バリ 紹介ビデオ
https://drive.google.com/open?id=1fSq5ODAVcE9r_pWMljhiTPsnj6u5Io9s

pagetop