わげんせ web 仏教とお寺と人を結ぶ情報サイト

見る知る聞く

@Press 星野リゾート ロテルド比叡 (京都府・比叡山)京都・比叡山をおさんぽしながら楽しく厄払い「比叡山やくばらい散歩」が12月1日から通年展開

2018年09月18日

比叡山に建つオーベルジュ「星野リゾート ロテルド比叡」は、比叡山での厄除け・厄払い・おさんぽのすべてを一日で体験できる「比叡山やくばらい散歩」を2018年12月1日から開催します。1200年前から厄除けの山として知られる比叡山。ロテルド比叡では、施設の立地を活かして昨年9月に厄払いをテーマにした期間限定企画をスタートしたところ、お客様より「旅先で楽しく厄払いできてよかった」「期間を限定せずに開催してほしい」といったお声をいただき、通年で展開する運びとなりました。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/165843/img_165843_1.jpg
「比叡山やくばらい散歩」は、比叡山エリアをお散歩がてら厄除けと厄払いができるプログラムです。前厄・後厄を含めて30代に6年間も厄年がある女性に向けて開発しました。楽しくご祈祷できることだけでなく、チェックイン時でのお申込みで良いという手軽さも好評をいただいております。

■ ■「比叡山やくばらい散歩」で体験できること

■ ユネスコ世界文化遺産の比叡山延暦寺で「やくよけ参拝」
比叡山延暦寺は、平安時代初期の僧・最澄により開かれた日本天台宗の総本山の寺院です。厳しい修行の場としても知られ、日本仏教の母山と仰がれています。東には琵琶湖、西には古都京都の町並を一望できる景勝の地でもあります。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/165843/img_165843_2.jpg
本プログラムでは、朝のお勤めにて厄除けの祈祷に参加します。僧侶による読経や法話をとおして、お寺のことや日々の生活のヒント楽しく学べます。申込時に受け取った護摩木を持参して護摩炊きをお願いすることもできます。(護摩炊きは不定期で実施するため、ご参加いただけません。)
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/165843/img_165843_3.jpg
朝食後は大講堂や文殊楼など延暦寺のお堂を巡り、ご朱印をいただきます。改修中の根本中堂は特設ステージから修理の様子を見学できます。歩き疲れたら宿坊でひと休み。自分の干支にちなんだ梵字(ぼんじ)のラテアートが施されたカフェラテは、生まれ年の仏様を知ることができるこの土地ならではのおもてなしです。また、ロテルド比叡に宿泊された方だけが受け取れる非売品の御守もご用意しています。
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/165843/img_165843_4.jpg

■ 2000年以上の歴史がある日吉大社での「やくばらい体験」
日吉大社は、全国3800余の日吉・日枝・山王神社の総本宮。平安京遷都の際には、この地が都の表鬼門にあたることから魔除・災難除を祈る社として、また最澄が比叡山に延暦寺を開いてからは天台宗の守り神として知られています。境内には、国宝の社殿西本宮・東本宮を中心に約40のお社があります。
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/165843/img_165843_5.jpg
国宝・日吉大社西本宮で厄払いのご祈祷を受けます。祝詞の読み上げ、お祓いが行われた後、玉串と呼ばれる小枝を神様に捧げて自ら厄払いをします(玉串拝礼)。祈祷後には、日吉大社の神様のお使い「神猿(まさる)」さんが描かれた厄除け守やお茶の葉、比叡山名物のそばぼうろが入ったお下がりが授与されます。旅行中でも荷物にならないコンパクトサイズで本プログラムの限定品です。
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/165843/img_165843_6.jpg
西本宮を後にして、日吉大社の敷地内を散策します。もう一つの国宝社殿「東本宮」を含めた7つの社が桜や紅葉の美しい木々と融和した魅力的な境内です。一番の見どころは「山王鳥居」。鳥居の上部に三角形の破風(屋根)が乗っており、お寺と神社、仏と神が共存する比叡山の特徴的な信仰を表しています。
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/165843/img_165843_7.jpg

■ 【オプション】本プログラムの参加者しか注文できない創業300年本家鶴喜そばの「やくばらい蕎麦」
比叡山では断食の行を終えた修行僧たちが、弱った胃を慣らすために蕎麦を食べていました。その流れから、比叡山延暦寺の台所を預かる門前町で蕎麦屋の営業が始まり、300年経った今でも参詣の人々で賑わっております。このエリアを代表する「本家鶴喜そば」でやくばらい蕎麦をご用意しました。細く長くを象徴する蕎麦、五色のあられがのった蕎麦団子のお椀、湯葉料理など縁起物が揃ったセットです。(1セット2,500円/チェックイン時に要予約/定休日あり)
画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/165843/img_165843_8.jpg

■ 【オプション】ロテルド比叡ご朱印帳の紹介
比叡山延暦寺へ参拝される方へ、ロテルド比叡オリジナルのご朱印帳を用意しました。表紙には、比叡山に雲がかかった絵柄が施されています。色はモダンに仕立てたグリーン、ピンク、エメラルドブルーの3色。比叡山にはご朱印が多くあり、山内の延暦寺や無動寺で12か所、日吉大社や門前町坂本にある寺院を合わせると合計16か所存在します。市販のものより、ページ数を多めに作成し、より多く集印できるようにしました。(1冊 1,500円)
画像9: https://www.atpress.ne.jp/releases/165843/img_165843_9.jpg

■ ■1泊2日スケジュール例
<1日目>
15:00 チェックイン 申込後、護摩木をお受け取りください。
15:30 琵琶湖の絶景を一望できる「山床カフェ」でアフタヌーンティー
17:00 ワインテイスティング講座
ソムリエが飲み比べを通して、ワインの品種や発酵過程を楽しくレクチャー
します。
18:30 発酵フレンチのディナー
「鮒鮓」を使用する料理など近江地域の食材や文化を表現したコースです。
21:00 サロン・ド・ヒエイにて食後酒を楽しめます。
<2日目>
06:00 ロテルド比叡発。バスで延暦寺へ。
06:30 延暦寺 国宝根本中堂で「朝のお勤め」
08:00 ロテルド比叡に戻って朝食
09:30 チェックアウト。荷物はフロントでお預かり、京都駅近くのホテルでの
受け取りが可能。
09:45 延暦寺参拝、ご朱印集めなど
10:30 延暦寺宿坊で御守授与と梵字ラテ
11:10 延暦寺を出て坂本ケーブルで日吉大社 へ
12:00 日吉大社 国宝西本宮で「やくばらい祈祷」
12:30 祈祷終了、日吉大社散策。門前町坂本を通って「本家鶴喜そば」へ。
国の重要伝統的建造群保護地区に登録された石積みをお見逃しなく。
13:15 「やくばらい蕎麦」の昼食(オプション)
14:30 JR比叡山坂本駅より電車で京都駅へ
画像10: https://www.atpress.ne.jp/releases/165843/img_165843_10.jpg

■ 「比叡山やくばらい散歩」概要(宿泊者限定)
開始日 :2018年12月1日 以降、毎日開催
料金 :3,700円
含まれるもの:延暦寺・日吉大社の拝観、祈祷、梵字ラテ、延暦寺の御守、
日吉大社のお下がり
予約 :チェックイン時に要予約
備考 :・天候、延暦寺・日吉大社の行事で開催できない日もございます。
予めご了承ください。
・ご朱印料金各300円、ロープウェー 片道860円
【ご参考】厄年とは
災難や障りが身に降りかかる恐れが多く、万事に気をつけなければならないとする年齢を言います。女性は結婚、出産など人生の転機を迎えるとき、男性では仕事の運気を変えたい時にお寺や神社に参拝する方が多いようです。

星野リゾート ロテルド比叡
世界文化遺産・比叡山延暦寺の続き地に建つ琵琶湖を望むオーベルジュ。古来より近江に伝わる発酵の知恵を用いた鮒鮓や豊穣な近江食材を使い、新しいフレンチや発酵の体験をお楽しみ頂けます。
住所 :〒606-0000京都府京都市左京区比叡山一本杉
URL :https://hr.hotel-hiei.jp
電話 :0570-073-022(星野リゾート予約センター)
アクセス:JR湖西線大津京駅より車で約20分
JR京都駅八条口から無料送迎バスで約45分(定時運行・予約不要)
客室数 :全29室(スタンダードツイン25室・セミスイート2室・スイート1室・
ペットルーム1室)/チェックイン:15:00・チェックアウト:12:00
宿泊料金:1泊2食付 24,000円~(2名1室利用時1名様あたり)

pagetop