わげんせ web 仏教とお寺と人を結ぶ情報サイト

見る知る聞く

@Press <8月限定!乗船記念特典付き!>竹生島クルーズ 女性グループ&お子様連れ向けプレゼントキャンペーンを実施

2018年07月30日

琵琶湖汽船株式会社(本社:滋賀県大津市浜大津、社長:川戸 良幸)では、2018年8月1日(水)~8月31日(金)の期間、竹生島クルーズ(長浜航路、今津航路、びわ湖横断航路)を利用されるお客様を対象としたプレゼント・キャンペーンを実施致します。
西国三十三ヵ所観音霊場第三十番札所の宝厳寺や都久夫須麻神社がある竹生島は、古くより神様が棲む島として崇められてきました。近年では、パワースポットとして、参拝客のほか、多くの観光客も訪れる人気スポットにもなっています。そして、竹生島クルーズの発着地の1つである長浜の市街地は、秀吉が築いた城下町として、また黒壁スクエアを中心とするガラス文化の町として、年間約200万人の観光客が訪れる県内有数の観光地です。
本キャンペーンでは、竹生島クルーズご乗船の女性グループのお客様に、長浜のまちなかにある人気菓子店や竹生島参道の売店にて引換えできる「お菓子券」を、お子様連れのお客様には黒壁スクエアにちなんだ「ミニチュアガラス細工」を乗船記念品としてプレゼント致します。
竹生島観光のついでに、長浜の古い町並み散策もぜひお楽しみください。
企画詳細は別紙の通りです。

【 別紙 】 竹生島クルーズ プレゼントキャンペーン 実施概要
実施期間:2018年8月1日(水)~8月31日(金)
実施航路:竹生島クルーズ(長浜航路、今津航路、びわ湖横断航路)全便

● 女性グループのお客様へ「お菓子券」プレゼント 【 WEB予約限定 】
対象者:当社公式ホームページから「竹生島クルーズお菓子プラン」にて、事前に乗船予約をいただいた女性グループ
※WEB予約はご乗船の3日前迄の受付となります。
※女性グループは、乗船者全員が女性で2名様以上10名様以下のグループです。
内 容:ご利用日当日のチケット購入時に、お一人につき1枚、「お菓子券」をプレゼント。「お菓子券」は、長浜市内の菓子店または竹生島島内の売店にて指定のお菓子1個と引換えいただけます。
【お菓子券/引換え場所・指定菓子】
長浜市内(いずれの店舗も長浜港より徒歩圏内)
・菓匠禄兵衛 黒壁店「本之木餅」
・丸喜屋「奉公最中」
・親玉本店「親玉饅頭」
・なべかま本舗「かりんとう饅頭」
竹生島参道 売店
・野坂商店「ねがいだるま饅頭」
・たつや「だるませんべい」
備 考:各店舗ともに売切れの場合はご容赦ください。「お菓子券」のご利用は、ご乗船日の当日限りです。「お菓子券」の払戻し、換金は致しかねます。

長浜を代表する老舗&人気店の和菓子を集めました!クルーズの後は、まちなかに足をのばして、散策をお楽しみください!

●お子様連れのお客様へ「ミニチュアガラス細工」プレゼント
対象者:小学生以下のお子様 ※保護者同伴要
内 容:ご利用日当日のチケット購入時に、小学生以下のお子様一人につき1個、「ミニチュアガラス細工」をプレゼント。
備 考:300個限定につき、無くなり次第、 プレゼント配布を終了致します。

―「黒壁スクエア」誕生30周年 ―
長浜旧市街地にある黒壁スクエアは、古い町並みを生かした人気観光スポット。
「黒壁ガラス館」を中心に、ガラスをコンセプトにしたショップやギャラリー、カフェなどが軒を連ねています。今年で誕生30周年を迎えた黒壁スクエアでは、30周年記念イベント「黒壁三十祭」を開催中です。
http://www.kurokabe.co.jp/

「竹生島」
びわ湖の北部、長浜市の沖合い約6kmに浮かぶ竹生島は、宝厳寺と都久夫須麻神社のある島として、古来より人々の厚い信仰を集めてきました。また島内には、豊臣秀吉ゆかりの国宝(宝厳寺唐門、都久夫須麻神社本殿)や重要文化財(宝厳寺船廊下)等もあり、周囲約2kmと小さな島でありながら大変見どころの多い島です。近年はパワースポットとしても人気で、観光客も多く訪れるようになりました。当社が竹生島クルーズを運航する「長浜港」と「今津港」から竹生島まではほぼ等距離にあり、クルーズ所要時間は片道約30分程度です。

●竹生島クルーズ 乗船料
長浜航路/ 大人3,070円、学生2,450円、小学生1,540円
今津航路/ 大人2,590円、学生2,080円、小学生1,300円
びわ湖横断航路/ 大人2,830円、学生2,260円、小学生1,420円

●各港へのアクセス
長浜港へは、JR長浜駅より徒歩約10分
今津港へは、JR近江今津駅より徒歩約5分

●ご予約・お問合せ
琵琶湖汽船株式会社長浜支社 TEL 0749-62-3390
http://www.biwakokisen.co.jp/

※画像は全てイメージです

以 上

pagetop