わげんせ web 仏教とお寺と人を結ぶ情報サイト

見る知る聞く

@Press “森に眠るProj(プロジェクト)”日本初、埋葬の原点回帰を目的としAR技術を用いた新しいスタイルのお墓『伊豆の森に眠る』誕生

2018年04月09日

一般社団法人おもてなしの会(所在地:東京都豊島区)は、“森に眠るProj”と称した埋葬の原点回帰+AR技術を用いた新しいスタイルのお墓の提案・管理をする事業を開始しました。森に眠るProj第一弾のお墓の名称は『伊豆の森に眠る』となり、4月10日(火)より販売開始いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/153935/LL_img_153935_1.jpg
自然に直接埋葬し“自然に還る”という埋葬の原点へ

公式サイト http://izunomorininemuru.jp/


【森に眠るProjとは】
現代のお墓事情を鑑み、埋葬本来の意味を考え、原点に立ち返ってみると、埋葬とは自然に還すということでした。花も散った後に自然に還り、また必ず美しく花を咲かせます。人間も同様に自然に還りゆっくりとお眠りいただくことにより、またいつの日か生まれ変わり蘇ると信じ、皆様にも同じ思いを持っていただければ幸いと思い、自然に還る為、埋葬の原点に立ち返った新しいスタイルのお墓というコンセプトの基、全国に森に眠るお墓の提案をする為に立ち上がったのが“森に眠るProj”です。


【AR技術『伊豆の想い』】
森に眠るProjのご提案するお墓『伊豆の森に眠る』では、AR技術を用いた『伊豆の想い』というオプションを無料でご利用者様皆様がご利用できます。
『伊豆の想い』はSpotMesseage(提供元:株式会社良心石材)というアプリを利用して、思い出のお写真やバーチャルのお墓、お墓参りに来た方へのメッセージ動画を、伊豆の森に訪れた際にスマートフォン・タブレット越しにARで出現させるオプションです。
昨今のお墓事情は作らない、作れない、また、維持できないお墓をしまう等と様々ですが、本オプションのバーチャルのお墓では、“作りたかったが作れない”“お墓はあるが維持ができない”という思いに応え、皆様の作りたかったお墓をカタチに、維持費用と手間がいらず、後世に心配事を残さないお墓をご用意いたしました。

『伊豆の想い』でARとして伊豆の森に出現する写真やバーチャルのお墓
https://www.atpress.ne.jp/releases/153935/img_153935_2.jpg
https://www.atpress.ne.jp/releases/153935/img_153935_3.jpg


【森に眠るProjの想い】
『伊豆の森に眠る』では、自然の森に直接埋葬し、ゆっくりお眠りいただくことにより、埋葬本来の意味である“自然に還る”という原点回帰をしていただくお墓になっております。また、日本で初めて墓石の無い霊園としてAR技術を取り入れたのも、皆様の“想い”をカタチにするためです。バーチャルに新しいお墓を作るだけでなく、墓じまいをして『伊豆の森に眠る』にご改葬の際は、以前のお墓をARとして出現させることもできます。以前のお墓はご先祖様の“想い”が沢山あるものですから、新しい供養のカタチとして『伊豆の想い』をご利用いただければと思います。
これが森に眠るProjのご提案する全く新しいスタイルのお墓です。


【法人概要】
名称 : 森に眠るProj(プロジェクト)
事業主体: 一般社団法人おもてなしの会
所在地 : 東京都豊島区北大塚2-28-7 暁ビル2F

pagetop