わげんせ web 仏教とお寺と人を結ぶ情報サイト

見る知る聞く

@Press “一帯一路”ラオス・中国初の新区協力開発プロジェクトがいよいよスタート

2017年11月13日

光彩グループは、ラオスの前総理・現任ラオス国家経済研究院院長ブアソーン・ブッパーヴァンが率いる団体と、北京の光彩グループ本部の六階の会議室にて、ラオス・中国初めての新区―“ボロヴェン経済新区”の開発座談会に参加したことをお知らせします。
座談会では、ラオス・中国の“ボロヴェン経済新区”協力開発の意義と見通しについて共同で研究討論しました。大手の中央企業中交グループ、中建株式会社、中国銀河金融ホールディングス等の主な責任者が出席し、国家開発銀行、中国輸出入銀行等の金融機構の関連責任者もこの会談に参加しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/142725/LL_img_142725_1.png
guangcai group1

ラオス国家経済研究院副院長ソーオン・ダヴェンサーがボロヴェン経済新区について詳しく紹介した。
ボロヴェン経済新区の総計画面積が約52万9千ヘクタールになっていて、ラオス南部の四つの県の中心に位置する。また、ベトナムとカンボジアにも隣接して、国際線もそこに通過している。ここも“一帯一路”の一部分である。

ソーオン・ダヴェンサーがこう表明している。
ボロヴェン経済新区の海抜が900-1,700メートルになっていて、気候も非常に涼しくなっている。ここでの農業、栽培業、畜牧業、養殖業、文化観光業等にも十分に有利である。“ボロヴェン経済新区”の目標は2030までにエコで持続発展可能な新区を建設することである。

「先ず、“ボロヴェン経済新区”が一つ完全な計画を持っている。その次、“ボロヴェン経済新区”が基礎建設を基礎位置に置くのが非常にいいことである。三つ目は、“ボロヴェン経済新区”が工業や農業のプロジェクトを建設するときに全部持続可能で、エコテックである。四つ目は、“共有経済”というビジネスモデルが各位の重視に値するものである。30年余りの改革解放以来、民衆が資源の節減、人力や時間の節約のために、車の乗り合いまで自主的にしている。今、また“共有単車”へと発展したことが、皆に大きな啓発を与えた。」と中国生物多様性とグリーン発展基金会理事長の胡徳平が座談会で述べた。
ラオス前総理、現任ラオス国家経済研究院院長ブアソーン・ブッパーヴァンの要請に応じて、胡徳平理事長が機会を見つけてラオスに訪問し、中国多様性生物とグリーン発展基金も企業を構成して“ボロヴェン経済新区”の投資開発を支援する意思を示した。

ラオス前総理・現任ラオス国家経済研究院院長ブアソーン・ブッパーヴァンもこう話した。
「“ボロヴェン経済新区”が現地に大いに影響を与えていき、ラオスと中国が戦略パートナーとしての協力も更なる段階に入る、ボロヴェン経済新区は協力プロジェクトの確実な着地にとっては良い機会である。」

光彩グループ副総裁の劉毅介が「今年の8月下旬に光彩グループ総裁任偉氏が団体を率いて再度ラオスを訪問し、ボロヴェン経済新区のプロジェクトについて考察し、“ボロヴェン経済新区”の開発建設に関してコンセンサスを成して、協力覚書を締結した。この協力協議が審査最中であり、段階性の成果が得られた。」と紹介した。

ラオス・中国鉄道の開通と国際空港の建設に伴い、中国人がラオスへ旅行に行く機会がますます増えていく、これもラオスの一つの大きな経済成長点になる。光彩グループが“ボロヴェン経済新区”の開発を起点として、新区経済を共同で発展させ、“一帯一路”の東南アジア戦略を推進することを期待している。光彩グループが中国各業界の企業と連携して、共に“ボロヴェン経済新区”を開発しようとしている。
光彩グループがリードする企業として“ボロヴェン経済新区”この案についてラオス地方政府と連合し、レベル一の開発を行い、光彩グループの農業、科学、文化観光開発等の領域における優勢を発揮し、産業をラオスに導入し、中国の成功な経験をラオスに送り込み、現地の人々を連れて裕福にさせ、ボロヴェン区経済発展を推進する。

座談会では、国家開発銀行のトップクラスの専門家は、国家開発銀行が既に“一帯一路”の沿岸国に累計1,000億ドル余りの融資を支給していて、いくつもの国との協力が始まっていることがわかった。“ボロヴェン経済新区”等の国外の開発区の建設を支援する意思を示した。

調べによると、ラオス前総理・現任ラオス国家経済研究院院長ブアソーン・ブッパーヴァンらが中国人民外交学会の関連リーダーと光彩グループ関連責任者の同行案内により、国務院発展研究センターや国家発展改革委員会の協力交流センターまで訪問し、ラオス・中国協力の関連事項に関して意見を交換した。

胡徳平がこのように総括した。
“ボロヴェン経済新区”が既に良い図面企画を有していて、中国の企業家たちがそこで開発建設に投資してほしい。中国の企業家たちが必ず現地の文化を尊重するように、現地の文化が仏教文化であり、ラオスも仏教信仰の国である。中国企業がラオスに行ってもちろん競争が存在するが、但し、過度な競争が東南アジアの国では通用しないと思う。中国の企業がラオスに投資するのは競争が必要であるが、過度な競争をしてはいけない。発展も必要であるが、グリーン発展も必要である。国が営利したいが、国民の収入も一定のレベルに上げる必要があり、大幅の貧困差や、リーダーと下の人間との関係や、対立問題等を避けることにつながる。ラオスが良好な方向へ向かって発展してほしいと願う。
習近平主席が“緑の水青の山も金の山銀の山である”と話した。では、私がこう言う“我々の企業家がこの新しい環境へ投資をしに行くなら、確かな金銭を出す必要があるが、一番重要なのはウィンウィンの誠心誠意を出すことであり、そうすると、この協力が成功するのでしょう。最後に、投資する過程においては在席している各位がお互いに友人になるように期待している。ラオス・中国の友情を末永に!”

pagetop