わげんせ web 仏教とお寺と人を結ぶ情報サイト

フリーマガジンわげんせ

広告掲載のご案内

ご検討中の方へ

フリーマガジン「わげんせ ®」は寺院や喫茶店・駅の利用者を対象とし、仏教関係のコンテンツや仏事などをご掲載して、読んだ人が笑顔になる季刊フリーマガジンです。特にシニア層への広告宣伝をお考えの方は、ぜひ本誌への広告掲載をご検討ください。

「わげんせ」読者の家族構成イメージ

一家を支える大黒柱の大林太郎(仮名・55)は、品川区にある小規模企業に勤め、現在、課長職についている。年収は650万円ほど。大学進学のため群馬から上京し、バブル期は衣服にかなりのお金を使っていたが、そのときに磨いたセンスのたまものか、ファストファッションを格好よく着こなせるクールな中年男性に。頭が薄いのが気になるきょうこのごろだが、お見合い結婚した妻・花子(仮名・47)とは今でも仲がよい。父は三年前に他界し、別居中の母(80)を近々、文京区の自宅に迎える予定。その際、実家の仏壇を持ってくるか、買い換えるかを迷っている。「わげんせ」との出会いは父の三回忌。お寺で法要の開始を待つ間、本堂の片隅にあった「わげんせ」を母と読んだのがきっかけだった。二人の子供は既に独立。長男(21)は独身だが、長女(23)は嫁いでおり、間もなく母となる。最近、花子は結婚当初からかわいがっていた犬を看取り、少しセンチメンタルになっている。
配布先の反応
読者の年齢比
読者の男女比

読者層とターゲットに向けた特集記事の内容

東京都荒川区の寺院協力のもと寺報として「わげんせ」を複数回配布した結果、「いつも読んでいる」「たまに読む」と回答した総数の女性は約8割、年代別では60~年代別では60~70代が全体の約半数を占めました。「いつも読んでいる」と回答した方へのヒアリングを踏まえ、「わげんせ」は次のような特集を組んでいきたいと考えています。
  • 家庭でも実践しやすい仏教コンテンツ
  • 仏教文化をやさしく学べるコンテンツ
  • お寺に行ってみたくなるコンテンツ

広告はすべて4C(フルカラー)で掲載できます

  • (1)表4
  • (2)表2
  • (3)全項
  • (4)文中ヨコ1/3
  • (5)文中タテ1/3
  • (6)記事体広告

広告サイズ及び料金

掲載位置 広告サイズ(天地×左右) 価格(税抜)
(1) 表4 257㎜×175㎜ 220,000円
(2) 表2 257㎜×182㎜ 180,000円
(3) 全項 257㎜×182㎜ 180,000円
(4) 文中ヨコ1/3 70㎜×162㎜ 100,000円
(5) 文中タテ1/3 225㎜× 50㎜ 100,000円
(6) 記事体広告 2ページ×257㎜×182㎜ 360,000円+制作費(弊社で制作する場合)
  • (3)(4)(5)(6)については掲載場所を指定できません。
  • 文中広告には0.5mmスミ罫囲みが入ります。
  • (6)記事体広告には「PR」表記が入ります。
  • 「わげんせ」広告掲載基準に基づき、掲載をお断りする場合があります。また、広告掲載基準に表記されていない場合でも委員会審査の結果、お断りする場合がございます。詳しくはお問い合わせください。

入稿規定

データはJMPA制作ルールに従ってJMAPカラー準拠PDF(J-PDF)で制作してください。 また、完全データにて入稿してください。
  • データ入稿の際は必ずカラーの出力見本と入稿仕様書を添付してください。
  • (1)(2)(3)(6)広告の場合は断ち切ってはならないマーク、社名、画像、テキストなどは、仕上がりサイズより5㎜内側に配置してください。
  • 色校正はありません。
媒体資料

<<媒体資料ダウンロードはこちら[PDF]>>

わげんせ

発行元
Project Gamon(プロジェクト我聞)
編集
和栗由美子
デザイン
サトズ
DTP
株式会社 イーフィールド
印刷・製本
株式会社 マイナビサポート
判型
B5判、カラー
創刊
2017年7月8日
発行日
1月、4月、7月、10月の各8日
定価
無料(フリーマガジン)
発行部数
30,000部(創刊時)
配布場所
寺院、仏具店、石材店、カフェ等(随時、募集中)。 将来的には、寺院を含む配布場所3,000ヵ所、30万部の発行を目標としています。

広告に関する問い合わせ先

社名
株式会社 イーフィールド(指定広告担当会社)
所在地
〒101-0032 東京都千代田区岩本町2-11-3 第八東誠ビル1F
Mail
ad☆wagense.jp ☆を@マークに置き換えてください。
TEL
03-5823-4888(代表)
FAX
03-5823-4890

pagetop