わげんせ web 仏教とお寺と人を結ぶ情報サイト

見る知る聞く

NEWSCAST ワーケーションタウン千曲市でマイクロツーリズム 「地元deワーケーション」

2021年09月03日

画像 : https://newscast.jp/attachments/ciHAV6WJZgUfDVIljBAV.jpg
地元deワーケーション


2021年9月29日~10月1日までの3日間、株式会社ふろしきや(所在地:長野県千曲市、代表:田村英彦/以下:当社)は、地元の方々が気軽に千曲市ワーケーションを体験できるイベント「地元deワーケーション」を開催します。
新型コロナウイルス感染拡大に伴い旅行を控える方が多い中、住んでいる地域の魅力に目を向けなおすマイクロツーリズムに注目が集まっています。
当社では、長野県在住の方々に向けた「地元deワーケーション」を開催し、独自の配車アプリ「温泉MaaS」を使いながら地元の人でもなかなか知らない千曲市のワークスぺ―スや名店を紹介します。


開発の背景:ワーケーションをもっと身近に


ワーケーションの「認知度」は70%に対して、ワーケーション「経験者」は7%という調査結果があるほど、ワーケーション体験は身近なものとはいえない状況にあります※。
そこで、働きやすい場所での仕事体験、便利に移動ができるMaaSシステムを利用する「地元deワーケーション」を企画しました。
地元の魅力を再認識しながら参加者との交流を楽しむワーケーション体験をすることで、ワーケーションをより身近に感じ、日々の仕事や生活が豊かになることを願っています。

※参照:エン・ジャパン株式会社 ミドル世代の「ワーケーション」意識調査
https://corp.en-japan.com/newsrelease/2021/25052.html


イベント内容:いつもと違う地元の表情を知れる旅


本イベントは、全国からオンラインでワーケーションに参加する「おうちdeワーケーション」と同時開催をします。オンラインを通じて全国の参加者との交流も可能です。


千曲の名所でワーケーション体験


・姨捨ゲストハウスなからや:映画のロケ地、絵になるゲストハウス、月の都姨捨棚田を一望
・千曲川:流路延長は214km、山々に囲まれる絶景
・善光寺大本願別院:お寺で仕事、テラワークと瞑想体験
・信州千曲観光局Gorori:芸者の舞台が寝ころびながら仕事ができる場所に変身
・クラウドカッコウランド:移住者によりつくられた居心地のよい静かな空間
・和カフェよろづや:千曲市のまちづくり交流カフェ


千曲市ワーケーションの取組みを紹介


・温泉MaaSシステム(ワーケーション参加者と開発、LINE×Microsoft)
・トレインワーケーション
・ゼロ・カーボン


移動が楽になる独自配車システム「温泉MaaS」を使ってみる


「温泉MaaS」とは、温泉地を含む観光地において、ワーケーションとモビリティサービスを組み合わせて様々な交通手段をワンストップで利用できるサービスです。ワーケーション参加者は移動したい時に、行きたい(仕事に合った)場所に行くことができます。支払いはチケット制になっており、一部カフェでドリンクと交換することも可能です。
※MaaSとは……Mobility as a Serviceの略。様々な種類の交通サービスを、需要に応じて利用できる一つの移動サービスに統合すること


画像 : https://newscast.jp/attachments/Zk2laC6RBT5QCIUEH8Ce.jpg
ワークスペース


開催概要


実施日:2021年9月29日~10月1日
募集人数:30名程度
参加料金:2泊3日32,000円(税込)※1泊2日、日帰りも可
▼申込フォーム
※ワーケーションLINE公式アカウントから https://lin.ee/ywFZDF4
(申し込みはこちらのリンクか下記QRコードからお願いします。)
※ご応募が多い場合抽選となりますことをあらかじめご了承ください。



画像 : https://newscast.jp/attachments/BJt9KHUZzCYJuuRtKDc6.jpg
申込QRコード


会社概要


会社名 :株式会社ふろしきや
代表  :田村 英彦
住所  :〒387-0016 長野県千曲市大字寂蒔177-1
企業HP:https://furoshiki-ya.co.jp/workation_lab/
メール :tam@furoshiki-ya.co.jp
番号  :090-1957-1073


事業内容


株式会社ふろしきやは、新しい地域活用や社会課題解決に向けたプロジェクトを生み出す企業です。
ワーケーション事業の先進事例としてまちづくりと連携させ、長野県を中心として進めています。
・地域ブランディング要件定義    
・データ、情報解析による現状の可視化
・プロジェクト構想・実行プロセス設計 など




詳細はこちら
プレスリリース提供元:NEWSCAST

pagetop