わげんせ web 仏教とお寺と人を結ぶ情報サイト

見る知る聞く

@Press 筑波山でしか見られない光景を…天下の奇祭!カエル姿で700名が大激走!『筑波山がまレース2017(TGR2017)』~2017年8月11日(金・祝)「山の日」筑波山にて開催~

2017年06月27日

筑波山ガマまつり実行委員会(委員長:川野 耕太)と一般社団法人つくば観光コンベンション協会(茨城県つくば市、会長:五十嵐 立青)は、第69回筑波山ガマまつり内において老若男女がカエルの被り物をかぶり、約700名が部門別に筑波山の門前通りを一気に激走する「筑波山がまレース2017」を、「山の日」8月11日(金・祝)に開催いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/131596/LL_img_131596_1.jpg
こども達のカエル姿は必見!


URL: http://www.ttca.jp/?p=7764


■カエルの被り物を被って全速力する老若男女の参加者の姿は必見!ご当地キャラは24体参加!
本年で4回目を迎える「がまレース」は、保育園児~60歳以上の老若男女がカエルの被り物を被って、筑波山の門前通りを駆け抜ける筑波山でしか見ることができないイベント。
本年は、多くの皆様にご参加いただけるよう部門を倍増し、全17部門定員720名(※昨年:全8部門(参加者600名)が参加するがまレースはもちろん、茨城出身の「赤プル」(常総市出身)・「アントキの猪木」(かすみがうら市出身)が参加。さらに全24体の各地のご当地キャラがスピード部門・エンタメ部門に分かれて参加する「ご当地キャラの部」を実施するなど、子どもたちに夢を、また参加・観覧している来場者の笑顔を創りだし、「元気」を与えられるイベントとしてまいります。


【イベント概要】
イベント名: 第69回筑波山ガマまつり ~筑波山がまレース2017~
開催日時 : 2017年8月11日(金・祝)※山の日
開催場所 : 筑波山門前通り
定員 : 筑波山がまレース(720名)
参加費 : 1,000円 ※事前エントリー
URL : http://www.ttca.jp/?p=7764

<アクセス>
・電車、バス:つくばエクスプレス「つくば駅」(秋葉原駅から最速45分)から、
筑波山シャトルバスで約40分「筑波山神社入口」下車
・車 :常磐自動車道土浦I.Cで降りて、
国道125号線経由で下妻・つくば方面に約20km


■8月11日の筑波山の天気は「ところどころ雪」!?がまキングの部は壮大なコース延長!!
平成29年8月3日の「筑波山(2983)の日」の事業一環として走っている参加者がいるコース上に降雪機を使用して雪を降らせます。(積雪はさせません)また、成人の部である「がまキングの部」は、コースを延長し、筑波山神社境内の階段を駆け上がり「随神門」をゴールとした新コースとなります。


■TGR2017参加者エントリーを7月1日(土)より開始!
7月1日(土)より筑波山がまレースの参加者エントリーを開始いたします。
期間:2017年7月1日(土)~7月25日(火)


【社団概要】
名称 :一般社団法人つくば観光コンベンション協会
代表者 :会長 五十嵐 立青
所在地 :〒300-3257 茨城県つくば市筑穂1-10-4 つくば市大穂庁舎3階
設立 :2007年3月22日
事業内容:観光振興・誘客、会議誘致、ロケ地誘致など
URL :http://www.ttca.jp

pagetop