わげんせ web 仏教とお寺と人を結ぶ情報サイト

見る知る聞く

@Press 「引き取り手のないお遺骨」の合同納骨・供養 8月10日に実施

2020年08月19日

2020年8月10日、東京都で40年間葬儀社として歴史を持つセレモ共済会 株式会社セレモニー(本社:東京都中野区、代表取締役社長:秋野 圭崇、以下 セレモニー)では、身寄りがなく引き取り手のなかったお遺骨について、都内の寺院にて合同納骨並びに合同供養を行わせていただきました。近年、身寄りがない方の葬儀が増え、引き取り手のないお遺骨の行方について問題視されております。当社では提携寺院と協力関係を結び、ご納骨先がないお遺骨につきまして納骨と供養を行わせていただいております。代表の秋野は、「高齢者の暮らし方の多様化に伴って今後も増えてくるだろうと考えている。地域社会に必要とされる企業を目指すため今後も合同納骨や供養を行っていきたい。」と語っています。

「セレモ共済会 株式会社セレモニー」
https://ceremo.jp/
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/222357/LL_img_222357_1.png
合同供養の様子


【引き取り手のないお遺骨の行方】
日本経済新聞によると、2018年度に全国20の政令指定都市が引き受けた無縁仏の数は8,000柱を超え、2013年度と比較すると1.4倍に伸び、全国の死亡者数の増加割合を上回ったと報告しています。このように、日本全国で引き取り手のないお遺骨が増えているということが近年問題になっています。身元不明の方、身寄りがない方のお遺骨は、自治体や施設・葬儀社などで引き取り手が見つかるまで一時保管した後、自治体や葬儀社などで埋葬・供養されることが多いのが現状です。
引き取り手のない遺骨の供養に対して精力的に活動している自治体もあり、神奈川県横須賀市では、エンディングサポートプラン事業を開始し、葬儀から納骨までの生前契約の紹介などを行っています。セレモニーでも、ご火葬を行ったのちお遺骨の引き取り手がいないという場合があり、その際は提携寺院にて合同納骨を行わせていただいております。今回はその合同納骨を実施させていただきました。その他にも身寄りのない方の終活をサポートするために葬儀サービスを展開しています。その事例の一つをご紹介。


【身寄りのないA様の事例】
都内にお住いのA様は60年連れ添った夫に先立たれて、現在は一人で暮らしていらっしゃいました。自分が亡くなった後に葬儀や納骨を依頼できる方がいなく、それらについて不安に感じることもあったのですが、どこに相談すればよいか分かりませんでした。そんな折に担当ケアマネージャーに相談したところ、偶然にもセレモニーを知っていたためご紹介していただき、A様から直接お話を聴かせていただくことになりました。
お話を伺うと「親戚はいるが縁が切れている状態なので、葬儀や納骨まで頼めそうになく、できればご自身で葬儀を決めたい」とのことでした。また葬儀はご火葬のみでいいが、納骨先は夫と同じ場所が良いと希望されていました。セレモニーではA様に葬儀から納骨まで対応できる「後見葬儀」をご提案し、ご契約を締結させていただきました。A様はご不安なことが一つ解消してご安心された様子でした。

このように親戚がいる場合でも、葬儀・納骨を頼むことが難しい場合があります。長い間疎遠になっていると関係性も希薄になり、葬儀や納骨を頼むことが難しくなります。高齢者の独居など様々な暮らし方が提案される中で、どのような方にも開かれた生きやすい地域社会を作るために、葬儀や供養に関しても柔軟な対応が今後も求められてくるでしょう。


【これからの葬儀と供養】
代表の秋野は今回の合同供養について、「地域の方々の暮らし方や家庭が変化すると、それに伴い葬儀や供養の在り方も自ずと変化するだろう。私たちが葬儀の施行を行う一都三県はその移り変わりがとても早い。現在のコロナ禍でも、葬儀の在り方が大きく見直され始めている。そんなとき地域社会に必要とされる企業を目指すために、今後も様々な取り組みを行っていく。そのうちの一つが合同納骨・合同供養ではないかと位置付けている。」と話しています。

<後見葬儀について>
https://ceremo.jp/supervision


■会社概要
商号 : セレモ共済会 株式会社セレモニー
代表者 : 代表取締役社長 秋野 圭崇
所在地 : 〒164-0003 東京都中野区東中野3-17-15
設立 : 1979年3月
事業内容: 葬祭企画・運営・管理・施行
資本金 : 1,200万円
URL : https://ceremo.jp/

pagetop