わげんせ web 仏教とお寺と人を結ぶ情報サイト

見る知る聞く

不可能と思われた旅の結末は――人々の愛が紡ぐ物語『巡礼の約束』

イベントレポート 不可能と思われた旅の結末は――人々の愛が紡ぐ物語『巡礼の約束』

2019年12月20日

チベット仏教の聖地、ラサへの巡礼を舞台に夫婦、親子の愛を描いた
映画『巡礼の約束』試写会が2019年12月10日、東京都千代田区で行われ、

上映後にはソンタルジャ監督と主演のヨンジョンジャさん
(中国名:容中爾甲(ロンジョンアルジャ)さん)が登壇して、
日本の観客に向け、映画に込めたメッセージを語りました。

wagense撮影3

ヨンジョンジャ(容中爾甲)さんが演じるロルジェの妻 ウォマが突然、
「五体投地でラサへ巡礼に行く」と告げることから、ストーリーは始まります。

五体投地は、数歩進んでは、五体(両手・両膝・額)を地面に投げ伏して祈る作法。
仏教で最高の敬意を表す礼法とされるが、このスタイルでラサにたどり着くには
半年以上の時間が必要です。

ウォマの実家には、前夫との息子、ノルウを心を閉ざした状態で残しているのに、
なぜウォマは突然に、あえて困難な巡礼を決意したのか……

巡礼の約束

淡々としたストーリー展開ながら、山岳地帯の厳しい自然、
高原の石造りの家、色鮮やかな民族衣装、お酒を勧めるときの歌など
日常の文化や美しい風景とともに、「愛」や「約束」の重さが胸に迫ります。

ソンタルジャ監督にとって、日本公開作品は『草原の河』に続き2作目。
一方、ヨンジョンジャさんは中国全土で知られる歌手。

彼は監督から主役のオファーに、当初は「自分には俳優経験がない。
初めての演技でこの作品の世界を壊したくない」と断ったといいます。

舞台あいさつで、ソンタルジャ監督は
「男にとって許しがたいような嫉妬の気持ちから、それを抑え、
寛容の心への変わっていく姿を素晴らしい演技で表現してくれた」
とヨンジョンジャさんの演技を絶賛。

巡礼の約束

ヨンジョンジャさんは、
「撮影中は、演技が気になって監督に何度も確かめたが、
まあまあ、というだけで褒められたことはなかった。
監督はいつも子役やロバの演技ばかりをほめていた」
と打ち明け、会場を盛り上げました。

wagense撮影2

ソンタルジャ監督、ヨンジョンジャさんは、
「チベットに住む人々も日本の皆さんと同じ愛の心、
感情をもっていることを作品を通して知っていただきたい」
と声をそろえ、舞台挨拶を締めくくりました。

wagense撮影

映画『巡礼の約束』は、2020年2月8日(土)から
岩波ホール(東京都千代田区神田神保町)をはじめ、全国で順次公開。

巡礼の約束ぽすt

★「わげんせ」編集長から一言★
チベットの雄大な自然の中で描かれる、ある家族の物語。感動して涙があふれました。
巡礼=仏教=難しい…という概念は捨てて、ぜひ劇場でご鑑賞ください。

映画『巡礼の約束』公式サイトはこちら

pagetop