わげんせ web 仏教とお寺と人を結ぶ情報サイト

見る知る聞く

@Press 旅行について20~30代の女性に徹底調査!行きたいスポットNo1は【ナイアガラの滝】旅行時“音”も重要だと考える人が8割超え。“音”が素敵だと思う旅行スポット「ナイアガラの滝」「ノートルダム大聖堂」旅行に行くきっかけにも!半数近くが“マイルきっかけ”で恋人を旅行に誘う

2018年11月06日

株式会社JALカード(本社:東京都品川区、社長:加藤 淳)は、20代~30代の女性500名に対して「旅行とマイルに関する調査」を実施いたしましたので、その結果をご報告いたします。
本調査では、女性たちの旅行の実態について聞きました。今どんな場所に行きたいのかとその理由や、恋人とはどのくらいの頻度で旅行に行くのかなど、女性ならではの旅行の実態も明らかになりました。
美しい風景や町並みなど視覚的に楽しめる要素がある旅行ですが、“音”を楽しむという観点から、旅行と“音”の関係についても聞きました。また、旅行にまつわるものとしてマイルが挙げられますが、マイルをためていることと旅行に行くことの関係が分かるなど、興味深い調査結果となりました。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/170250/img_170250_1.jpg
調査結果トピックス
1.女性が選ぶ人気ナンバーワン旅行スポットは「ナイアガラの滝(52.8%)」
2.約4割の人が旅行先に“思い出の音”あり。旅行において“音”が重要と思う人が8割超え
3.“音”が素敵だと思う旅行スポット「ナイアガラの滝(29.8%)」「ノートルダム大聖堂(17.4%)」
4.今や“自撮り旅行動画”は常識!?旅先で動画を撮る女性が約9割
5.恋人とはあまり旅行に行かない?恋人と旅行に行く頻度「年に1回未満」が最多(34.6%)
6.半数近くがマイルきっかけで恋人を旅行に誘っている!

1.女性が旅行で行きたいスポット1位は「ナイアガラの滝(52.8%)」
まず、どんなスポットに行きたいのか調査を実施。美しい風景とともに滝が流れ落ちる轟音を体感できる「ナイアガラの滝(52.8%)」を選んだ人が最も多いという結果が明らかになりました。続いて2番目に多かったのは、1882年に着工し、未だに完成していないことでも知られる「サグラダ・ファミリア(50.6%)」。3位以下は「ヴェネツィア(49.2%)」「ノートルダム大聖堂(47.2%)」が続きました。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/170250/img_170250_2.png

2.約4割の人が旅行先で思い出に残っている“音”がある。旅行において“音”が重要だと思う人が8割超え
風景や建築物などに加えて、現地の音楽や自然音など、「音」も旅行の楽しみの一つ。そこで、旅先での音についてアンケートを実施しました。まず、思い出に残っている音があるかを聞くと、約4割の人が「あると回答。どのような音が思い出になっているのかについては、「イギリス ストリートミュージシャンがいて、静かな町の中できれいな声がきこえてきて、心地よかったです(26歳・東京都)」「プラハ 広場の鐘の音(28歳・東京都)」「メキシコ パーティでは必ずと言っていいほど生演奏があった。
その賑やかさ・暖かさ・情熱が文化を象徴しているようで魅力的だった(34歳・神奈川県)」「バチカン 美術館の人の足音(22歳・東京都)」「サンクトペテルブルク 演奏されている白鳥の湖(38歳・東京都)」「ハノイ 島の洞窟に響く音(34歳・埼玉県)」といった意見がありました。
また、より直接的に、旅において音が重要かを聞くと、80.6%もの人が重要だと考えていることが分かりました。重要だと思う理由についても聞くと「耳からも楽しむため(23歳・北海道)」「視覚だけではなく、聴覚でも思い出に残るから(26歳・大阪府)」「楽しい観光地のイメージを与えてくれるから(26歳・静岡県)」「綺麗な音や楽しい音は心までリラックスさせてくれるため(36歳・女性)」「五感で旅行を記憶しているので、その中の音は重要な想い出になるから(38歳・北海道)」「いろんな音(例えば滝、鳥、自然とか)を生で感じることができるから(30歳・宮城県)」などの意見が寄せられました。
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/170250/img_170250_3.jpg

3.“音”が素敵だと思うスポット「ナイアガラの滝(29.8%)」「ノートルダム大聖堂(17.4%)」
旅行において、多くの人が“音”を重視していることが分かりました。それでは、どのスポットの音が素敵だと思うのでしょうか。結果は、行きたいスポット同様「ナイアガラの滝(29.8%)」が1位でした。鐘の音やパイプオルガンの音色が印象的な「ノートルダム大聖堂(17.4%)」が2位、3位は20世紀を代表する近代建築で世界的に権威のあるシドニーの「オペラハウス(13.2%)」という結果に。4位以下は「ヴェネツィア(9.0%)」「イグアスの滝(6.4%)」「キラウェア火山(6.2%)」「セーヌ川(4.8%)」が続きます。自然の織り成す音や、人の営みから生まれる音まで、さまざまな音が特徴的なスポットが上位に入りました。
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/170250/img_170250_4.png

さらにそれぞれのスポットについて、選択した理由を聞きました。

ナイアガラの滝(カナダ)
滝の音が体に響いてくるほど大きくて壮大だから(38歳・東京都)
癒される音、日常から離れられる音(32歳・福岡県)
滝を見に行くのが好きで、滝の自然の音を聞いていると癒されるため(25歳・福井県)
滝の水の音は、いつきいても癒されるから(29歳・山形県)
大自然ならではの音を満喫出来そうだから(28歳・青森県)

ノートルダム大聖堂(フランス)
教会のパイプオルガンの音色が綺麗そうだから(36歳・東京都)
映画のノートルダムの鐘が好きで、 日本のお寺の鐘とはまた違う鐘の音を聞いてみたい(31歳・愛知県)
パイプオルガンとか聖歌など、静かで厳かな感じがするから(28歳・群馬県)

オペラハウス(オーストラリア)
多くの人たちを魅了してやまない音(33歳・岩手県)
楽器と声の調和(29歳・大阪府)
オペラやバレエの上演があり、流れる音楽や声など「音」が好きだから(埼玉県・36歳)

ヴェネツィア(イタリア)
水の都と言われているので、水の流れる音がしそうで良さそう(25歳・神奈川県)
水の音、ゴンドラの音、鐘の音、古くから自然と、人工的な色々な音が混ざっているから(26歳・宮城県)
街並みの音楽がステキなイメージ(28歳・北海道)

イグアスの滝(アルゼンチン、ブラジル)
ブラジルの人達は踊りが上手くて、どこでも音楽が流れていて楽器じゃないものでも音を出してみんなで踊っているイメージ(27歳・広島県)
全てをかき消す滝の轟音(35歳・東京都)
滝の流れる音にいやされそうだから(38歳・東京都)

4.旅の思い出として、動画を撮るという人が約9割。動画に収めたいもの1位「風景(81.3%)」
スマートフォンの普及によって手軽に動画を撮影することができるようになった昨今。「旅」には、どの程度動画は取り入れられているのでしょうか。まずは、旅行先で動画を撮るかどうかを聞きました。結果、9割以上の人が動画を撮るという事実が明らかになりました。静止画のみならず、音や動きも含めて記録に残すことができる動画は、旅行においても外せないものとなっているということが伺いしれます。
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/170250/img_170250_5.png

旅先では、いったい何を動画に収めるのでしょうか。大多数が「風景(81.3%)」と回答しました。2番目に多かったのは「旅行をしている自分たち(54.8%)」です。若い女性たちは、旅行の際に観光地の撮影よりも“自撮り”したくなるという、何とも今どきらしい結果が出ました。実際にインスタグラムなどのSNSでは旅行風景がよくアップされており、旅先で自撮りして、SNSにアップ、というのが一つの旅行の楽しみ方になっているようです。
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/170250/img_170250_6.png

5.恋人と旅行に行く頻度、「年に1回未満」という人が最多(34.6%)
まとまったお休みには、恋人と旅行に行きたくなるもの。そこで、恋人のいる20代・30代の女性が恋人とどのくらいの頻度で行くのかを調査。結果は、「年に1回未満(34.6%)」を回答した人が最も多く、次いで「半年に1回程度」でした。さらに「3ヶ月に1回程度(17.6%)」と続きました。また「恋人とは旅行に行かない(9.2%)」と意外と多いという結果も出ました。
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/170250/img_170250_7.png

6.半数近くがマイルきっかけで恋人を旅行に誘っている!
フライトやショッピングなどでたまる航空会社の「マイル」。マイルをためている人に対して、マイルがたまったことをきっかけに恋人を旅行に誘ったことがあるかどうかを質問した結果、過半数の人が「ある」と回答。本当はもっと恋人と旅行に行きたいのに、あまり行けていない…そんな人は、マイルをためるようにすれば、自然と旅行に誘うきっかけが生まれると言えそうです。

またマイルをためている人とそうでない人では、恋人と旅行に行く頻度に違いがあるのかを比較しました。「恋人と旅行に行きますか」という質問に対して「マイルをためている・ためたことがある」と回答した人のうち、恋人と旅行にいかないと回答した人は、5.4%。一方で「ためていない」人は10.8%。マイルをためているか・ためていないという違いだけで、なんと倍近くもの差が開きました。恋人との旅行が好きな人は、マイルをためておいたほうが行く機会は増えると言えそうです。
画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/170250/img_170250_8.jpg
画像9: https://www.atpress.ne.jp/releases/170250/img_170250_17.png

<インターネット調査概要>
調査期間:2018年10月9日~10月10日
調査対象:20~39歳 恋人のいる女性 500名

■「ミステリーサウンドツアー」について
「旅行とマイルに関する調査」によって、さまざまな旅行に関する実態が分かり、音が旅の思い出と密接の関係していることについても明らかになりました。
JALカードは旅行と音に焦点を当てたキャンペーンを実施いたします。サウンドをオンにし、動画の音を聴いてその都市を当てた方の中から、1組2名様にその都市への旅行をプレゼントいたします。ちょっと難しいかもしれませんが、ぜひヒントを元に耳を澄ませてチャレンジしてみてください。
画像10: https://www.atpress.ne.jp/releases/170250/img_170250_10.png

【キャンペーン概要】
■応募方法
STEP1:音に注目して動画を再生
サウンドをONにしてチャレンジスタート
STEP2:ヒントをもとに行き先を当てる
音と動画に出てくるヒントをたよりに旅の行き先を探し当てよう
STEP3:問題をクリアしたことをシェア
TwitterかLINEを選択し、#(ハッシュタグ)でシェアしよう!
STEP4:応募フォームに入力
応募フォームに解答と必要事項を入力し、応募を完了させよう

■出題動画
https://youtu.be/j0oxGe3Hto4

■応募期間
2018年11月6日(火)~2019年1月31日(木)

■賞品内容
・当選組数:1組2名様
・利用航空会社:日本航空
・期間:2019年4月1日~2019年4月30日の間で4泊6日
・応募は同行者1名を含む2名とさせていただきます。
・滞在場所:海外某所

■応募資格
本キャンペーンはJALカード保有の有無に関わらずどなたでも応募いただけます。
詳細はJALカード Webサイトをご覧ください。

【JALカード「ミステリーサウンドツアー」公式HP】
https://jalcard.jal.co.jp/mysterysound/

■「マイル旅」について
調査によって旅行に誘うきっかけにもなることが判明したマイル。マイルは、飛行機に乗るだけではなく、クレジットカードを利用することなどでもためることができます。

JALカードでためたマイルをつかって、旅に出かける。それが「マイル旅」。
飛行機代でトクした分、いつもはできなことにチャレンジしたり、いつかは泊まりたかったちょっと豪華な宿に泊まったり…。いつもとは違う、ちょっと前向きで、ちょっと贅沢な旅をしてはいかがでしょう。
JALカードを使えばマイルがたまることはなんとなく知っているけれど、実際どのくらいで「マイル旅」できるんだろう?もし、今の自分の支払いを全部JALカードにしてみたら!?あなたも「マイル旅」は夢じゃない!
画像11: https://www.atpress.ne.jp/releases/170250/img_170250_11.png

【JALカード「マイル旅」公式HP】
https://jalcard.jal.co.jp/cgi-bin/cardlist/af.cgi?f=mileway

■「JALカードCM マイル旅」について
11月6日(火)よりJALカード新テレビCMを公開いたします。「こんどののやすみは、マイル旅」をキーワードに沖縄離島をめぐる2人旅を描いています。沖縄離島にて撮影し、各所の美しい景色を映し出しております。
画像12: https://www.atpress.ne.jp/releases/170250/img_170250_12.jpg

■JALカードCM マイル旅 沖縄離島めぐり篇 URL
https://youtu.be/NZ4mtfeu0TI

pagetop