わげんせ web 仏教とお寺と人を結ぶ情報サイト

見る知る聞く

@Press 2018年9月1日、フォション初のホテルがパリにオープン

2018年05月01日

2018年9月1日、フランスの高級グルメ食料品店の老舗御用達として知られるフォション(FAUCHON)は、初のホテル、フォション ロテル パリ(FAUCHON L'Hotel Paris)【総支配人:ジェローム・モンタンテーム(Jerome Montanteme)/ 所在地:11 Place de la Madeleine, 75008 Paris, France】を、1886年にフォションが 誕生した地であるマドレーヌ広場にオープンいたします。
同ホテルは、ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールドに加盟しています。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/155187/LL_img_155187_1.png
客室イメージ

サントノレ通り、コンコルド広場、数あるデパートなどに程近く、グラマラスなパリ8区に位置するフォション縁の地に建つフォション ロテル パリのデザインは、ラグジュアリーホテルのデザインでは第一人者の建築家リシャール・マルティネ(Richard Martinet)とアトリエ・パリュエル・マルモン(Atelier Paluel Marmont)が担当。このコラボレーションによってパリのエスプリそのものを現すフォション ロテル パリが誕生します。

フォション ロテル パリ総支配人ジェローム・モンタンテーム(Jerome Montanteme, General Manager of FAUCHON L'Hotel Paris)は「パリ、しかもその中心にフォション初のホテルをオープンできることをとてもうれしく思います。オスマニアン様式の歴史的建物にコンテンポラリースタイルのデザインを取り入れたこのホテルで、最高水準の宿泊、最高水準のフランスガストロノミーをご提供し、ゲストがそれぞれ思い描く通りにパリの滞在体験を満喫していただける場になればと願っています」と、オープンに先駆けて述べています。

ホテルの客室数はスイート11室を含む全54室。カリタ(Carita)のアメニティを配しています。また、ホテル内にカリタ スパ(Carita Spa)とフィットネスセンターも完備しています。
リュクス感、現代的センス、居心地の良さが感じられるすべての客室からは角度によりエッフェル塔、マドレーヌ広場、オペラ座など、この土地にホテルが在るからこそ楽しめる景色を眺めることができます。また、特注の家具や敷物類、ヘリンボーンフローリング、パリらしい大きく開くフレンチスタイルの両開き窓やバルコニー、エレガントなバスルームが配され、インルームタブレットやモバイルWi-Fiスポットなど最新テクノロジー機器を完備。いずれも快適性とクオリティはもちろん、使い勝手やデザイン性にも優れています。各客室のデザインはそれぞれの個性を醸し、いずれも大胆なタッチの中にこれこそパリのフォション、といったテイストが惜しみなく演出されています。

フォション ロテル パリが最もこだわることは、チェックインからチェックアウトまでのパーソナライズされたハイクオリティのおもてなし。ゲストのあらゆる要望・期待に先回りして応えるために数々のオリジナル・エクスペリエンスが用意されています。フォションというブランドの生業を考えれば当然ながら、ガストロノミーはこのホテルにとって重要なファクターです。シェフチームが毎日24時間、朝から晩まで、フランスらしい洗練の象徴であるフォションブランドの味を美食クリエイションとしてゲストにお届けするために情熱を注いでいます。
注目すべきは、ありきたりな室内のミニバーのラインナップをフォションのペストリーやフォアグラ、フルーツフレーバーティーやシャンパンなど、フォションが供する美食の数々にゲストの好みでカスタマイズできる“グルメバー”の導入。その他、お部屋でフォションのシェフがご用意するプライベートディナーや、プライベートショッピング、セーヌの川面をチャータークルーザーで散策など、いずれも最高のパリ滞在をフォションスタイルで満喫していただくためのエレメントです。

フォション ロテル パリは、カフェ フォション(Cafe FAUCHON)でも知られることになるでしょう。目の前にマドレーヌ寺院を臨むテラス席とともに、ア・ラ・フランセーズ=フランス流の食文化が繰り広げられる場となります。フォションの個性が100%表現され、ありきたりではないアート感覚溢れるデザインに、食欲だけでなくあらゆる感覚が刺激される店内では、最上質のフランスガストロノミーが朝食からディナーまでノンストップで供されます。
ティータイムであれアフターワークの時間帯であれ、フォションの厨房とサービスのエキスパートがゲストの期待に応える美食体験を提供すべく万全の態勢でお迎えいたします。

https://www.atpress.ne.jp/releases/155187/img_155187_2.png


フォション ロテル パリ(FAUCHON L'Hotel Paris)について
フォション ロテル パリ(FAUCHON L'Hotel Paris)は、デュクロ氏(Mr. Ducros)を筆頭株主とする同族持株会社:フォションSAS(FAUCHON SAS)とホテル&ドゥムール エスプリ・ド・フランス(Hotels & Demeures ESPRIT DE FRANCE)の共同経営による、パリの5つホテルです。
1886年に始まったフォションブランドの歴史的発祥の地であるマドレーヌ広場に位置し、スイート11室を含む全54室の客室、テラスバーを有する150席のレストラン、ウェルネスエリアを完備しています。
フォション ロテル パリのプロジェクトにおいて、ホテル&ドゥムール エスプリ・ド・フランスはホテル運営における専門的技術と経験を、フォションはガストロノミーのノウハウを提供しています。

https://www.fauchonhotels.com

pagetop