わげんせ web 仏教とお寺と人を結ぶ情報サイト

見る知る聞く

@Press 圧巻!5,000基を超える竹灯篭と竹ドーム!「光とことばのフェスティバル2017~ひらく~」大正大学で9月22日(金)に開催

2017年07月21日

大正大学(学長:大塚伸夫、所在地:東京都豊島区)は、2017年9月22日(金)に「光とことばのフェスティバル2017~ひらく~」を開催します。このイベントは、本大学の表現学部1年の学生が企画・運営を行うイベントとして2010年から実施しています。8回目を数える2017年は、およそ5,000基を超える竹灯篭と竹灯りのドームで「ひらく」をテーマに初秋の夜を彩ります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/133722/LL_img_133722_1.jpg
夜の正門


■2017年までの活動
表現学部では2010年から毎年、1年生のグループコミュニケーション能力と表現能力を高めるために「光とことばのフェスティバル」を実施しています。当初は、和紙と針金で光の造形物を創作してきましたが、昨年より約5,000基の竹灯篭でオブジェを作成していました。今年は、昨年を超える数の竹灯篭に加えて、竹で形作られたドームをキャンパス内各所に設置し、幻想的な空間を演出します。


■今年のテーマは「ひらく」
開く、拓く、披く、展く、啓く…学生ひとりひとりがこの言葉に様々な思いを託して灯りをともします。


■竹材について
竹材は、竹製品や竹の需要の激減、安い筍の輸入による影響で竹の伐採量が減量するなどの竹林の荒廃問題を抱えている新潟県佐渡島岩首地区の竹を使用します。佐渡市は、大正大学と広域地域自治体連携(コンソーシアム)を結び、2016年度から地域創生学部の学生の地域実習も佐渡島で行われます。


【光とことばのフェスティバル2017~ひらく~】
日時 :2017年9月22日(金) 18:00~20:00
場所 :大正大学巣鴨キャンパス
東京都豊島区西巣鴨3-20-1
申込 :不要
Twitter:@taisho_takefes2017
後援 :豊島区
※入退場自由・無料


◆大正大学の概要
創立 : 1926年4月5日(旧大学令に基づく設置認可)
所在地 : 〒170-8470 東京都豊島区西巣鴨3-20-1
学長 : 大塚伸夫
学生数 : 学部 4,965名
大学院 181名 ※2017年5月1日現在
URL : http://www.tais.ac.jp/
学部・学科: 仏教学部 仏教学科
人間学部 社会福祉学科
人間環境学科
教育人間学科
心理社会学部 人間科学科
臨床心理学科
文学部 人文学科
日本文学科
歴史学科
表現学部 表現文化学科
地域創生学部 地域創生学科
大学院 : 仏教学研究科 仏教学専攻(博士前期・後期)
人間学研究科 社会福祉学専攻(修士)
臨床心理学専攻(修士)
人間科学専攻(修士)
福祉・臨床心理学専攻(博士後期)
文学研究科 宗教学専攻(博士前期・後期)
史学専攻(博士前期・後期)
国文学専攻(博士前期・後期)
比較文化専攻(博士前期・後期)

建学の理念:智慧と慈悲の実践
教育ビジョン:4つの人となる(慈悲・自灯明・中道・共生)

pagetop