わげんせ web 仏教とお寺と人を結ぶ情報サイト

見る知る聞く

@Press 刀都・関の“焼入れ職人”がつくる「日本一かたい名刺」 お守りプレート『刃物語』-名刺-を9月29日に発売

2017年09月28日

鎌倉時代より幾多の刀匠が生まれ育った“刃物のまち・関”。この刀都と呼ばれた町で刃物の焼入れを行う有限会社コバヤシヒーティング(岐阜県関市、代表取締役:小林 良秀)は、刃物の鋼を材料に使用したお守りプレート『刃物語(ハモノガタリ)』-名刺-の販売を2017年9月29日より開始いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/139231/LL_img_139231_1.png
-名刺-イメージ 1

商品ホームページ: http://www.hamonogatari.jp


■相手の印象に“かたく強く”残る名刺
ビジネスシーンにおいて初対面の相手への印象付けはとても大切なファクターですが、印象を残すことは思いのほか工夫が要るものです。そんな時、相手に簡単にインパクトを与えられ、また会話のきっかけ作りができたら、どれだけ楽しくコミュニケーションが弾むでしょう。
焼入れ職人である私たちは、780有余年に亘る刀匠の技と関鍛冶の文化を現代の刃物造りに受け継いでおり、この伝統技術を新しい物づくりへ活かす挑戦をはじめました。それは丈夫な刃物の鋼を材料に使用し、そのたった厚さ2mm程の薄い板に刃物造りと同じ焼入れを行い、かたくて丈夫で一際目をひく、新しい名刺というカタチに辿り着きました。
「硬さは焼きで決まる」それが日本刀にも匹敵するかたさと強さ、そして美しさを兼ね備えたお守り名刺『刃物語(ハモノガタリ)』が誕生いたしました。


■関伝の技を受け継ぐ“お守り刀”の新しいカタチ
刃物は古くから災いを断ち幸運を切り開くと言われ、縁起物や献上品など神聖な物として扱われてきました。また鎌倉時代に日本刀作りから始まった関の刃物は、“折れず、曲がらず、よく切れる”と世界から認められ、現在も国内外で多くの方に愛されています。
この刃物に宿る謂れと、関の刃物に伝承される技を確かに受け継ぎ“折れない強い心、曲がらないかたい志、自らの手で道を切り開いていく”という想いを重ね、現代人にとってのお守り刀ならぬ『お守りプレート』を魂を込めて造りました。持ち主の身に降りかかる困難や災いを断ち、新たな道を切り開くという謂れを宿すお守り刀の新しいカタチをお楽しみいただけます。


■関鍛冶の守護神に祈りを捧げた鋼
鎌倉時代に大和から移り住んだ刀匠たちは、その地に祀られる神様を刀都・関に勧請しました。そしてその分霊は関鍛冶の守護神として、今なお私たち工匠を見守り続けています。
永きに亘り紡いできた刀造りの叡智をエッセンスに、現代の刀として形を変えた『刃物語』は、この由緒ある神社でお祈りを受け、関の包丁造りと同じ様に一つ一つ手をかけながら丁寧に造り上げられました。災いを断ち幸運を切り開くという刃物に宿る謂れに通じる「開運成就・厄災消除」「商売繁盛・事業繁栄」「必勝祈願・合格祈願」のご利益を守護神に祈り、『刃物語』を持つ人の強い志を後押しするお守りのような存在を目指しました。


■戦場(いくさば)に拵える一振りの凛々しい刀
ビジネスシーンにおいても、「新規取引先との初顔合わせで、がっちりハートを掴みたい!」「先手必勝!勝負を賭けたプレゼンの名刺交換で」「ここぞ!という商談の時に」「外国人クライアントへの“鉄板”自己紹介ツールに!」「ありきたりな名字でなかなか覚えてもらえない!」「異業種交流会など、大勢の中で存在感を出すために!」「さりげないスタイリッシュさを演出するために」「得意先の社長・誕生日プレゼントバトルで、ライバル企業に競り勝つ至極の一品として」など、現代の侍たちが駆け回る戦場で、局面を切り開く一手としてもご活用いただければ幸いです。


■大切にしたのは「持つ人の物語の始まり」です
刃物は人類が最初に作り出した道具と言われています。長い歴史の中で、その役割は機能性のみならず祭りことや祝い事初めの縁起物として、多くの場面に使われてきました。災いを断ち未来や運命を切り開くという力強いメッセージを持つことから、自分だけのオーダーメイドお守りとして、また父の日や、恋人・旦那さまの誕生日、就職などの新たな門出、厄年の方、お取引先様など特別な方への贈り物などに適しています。
また、メッセージプレートとして結婚や出生・節句のお祝いや、受験や試験を控えるご子息への応援メッセージとして、特別なお守りプレートを贈ってみては如何でしょうか。この『刃物語』に込められた想いが、大切な人にとって“素敵な物語の始まり”となるよう、刃物のまち・関より心を込めてお届けします。


■神秘的な表面模様
お守り名刺『刃物語』は、近年世界中の人々を魅了している刃物鋼・ニッケルダマスカス鋼を材料に使用しています。焼入れした強靭な鋼から丁寧に造り上げられたプレートは、30層にも及ぶ積層からなる神秘的な木目模様と波目模様を織り成しています。また日本刀の刃先の刃紋をイメージして重ね合わせたデザインは、これらの積層模様と共に世界に二つとない表情を魅せてくれます。これらのダマスカス鋼の持つ美しさを十分に引き出すべく、私たちは幾度となく失敗と挑戦を繰り返し、ついに辿り着きました。


■商品概要
商品名 :お守りプレート『刃物語』-名刺-
特徴 :・刃物と同じ材料で造り上げられた“日本一かたい”お守り名刺
・関鍛冶の守護神に「開運成就・厄災消除」「商売繁盛・事業繁栄」
「必勝祈願・合格祈願」のご利益を祈った名刺
・世界に二つとないダマスカス模様のオーダーメイド名刺
※名刺タイプの他、メッセージプレートタイプも有
発売日 :2017年9月29日(金)
生産数 :初回生産数・50枚
販売先 :刃物語ホームページ 販売サイト
販売価格:¥20,000(税別)
商品ホームページ: http://www.hamonogatari.jp
会社ホームページ: http://www.k-heating.net


■実績および今後の展開など
関市では来たる10月7日(土)8日(日)に、毎年およそ20万人が詰掛ける地域最大の祭り「刃物まつり」が開催されます。2017年は50回目を記念し様々な記念事業を行っており、そのひとつである「刃物のまち関市公認包丁大使」任命事業にて、タレントいけや賢二氏が大使に就任されました。その際贈呈された任命証と名刺に、当社のお守りプレート『刃物語』が採用されました。
今後は表札や表彰盾などラインナップの拡充を図り、海外展開も視野に入れMADE IN SEKI JAPANを発信し、関の未来を切り開いていきたい所存です。


■会社概要
商号 : 有限会社コバヤシヒーティング
代表者 : 代表取締役 小林 良秀
所在地 : 岐阜県関市東町4-3-17
設立 : 1997年
事業内容: 刃物の焼入れを主とする金属熱処理業
URL : http://www.k-heating.net

pagetop