わげんせ web 仏教とお寺と人を結ぶ情報サイト

見る知る聞く

@Press 世界遺産、年代別・男女別で旅行先の選定に差が出ることが発覚!最も「プロポーズしたい・されたい世界遺産」はフランスの●●!

2017年09月14日

オンライン総合旅行サービス「DeNAトラベル」(http://www.skygate.co.jp)を運営する株式会社DeNAトラベル(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:大見 周平)は、10代~70代の男女1,442名に「世界遺産」に関する調査を実施しました。

調査背景
旅行先では世界遺産を訪れる方も多いはず。日本でも今年新たに「宗像・沖ノ島」が加わったことで、国内には21の世界遺産があり、世界全体では現在までに167か国1,073件※の世界遺産が登録されています。
今回はそんな「世界遺産」に関するアンケートに関する調査を行いました。

※2017年7月時点

【調査概要】
調査1:あなたがオススメする日本の世界遺産を教えてください。(複数回答)
上位5位では、1位「古都京都の文化財」(45.6%)、2位「厳島神社」(43.5%)、3位「法隆寺地域の仏教建造物」(36.1%)、4位「古都奈良の文化財」(33.1%)、5位「白川郷・五箇山の合掌造り集落」(32.7%)。7位の「姫路城」(31.7%)まで、文化遺産が続く結果となりました。

調査2:あなたがオススメする世界遺産がある国を教えてください。
1位「イタリア」(18.7%)が2位「スペイン」(10.1%)を大きく引き離しての首位に。およそ5人に1人はイタリアの世界遺産をオススメと答えています。3位「フランス」(7.4%)までTOP3はヨーロッパの国が並び、次点で4位「中国」(5.6%)とアジアの国が並ぶ結果となりました。

調査3:いつか行きたいと思っている世界遺産を教えてください。
2位に倍以上の差をつけて1位となったのは「マチュピチュ(ペルー)」(22.7%)でした。その他、オススメの世界遺産としても多くの声を集めた「モン・サン=ミッシェル(フランス)」(9.2%)が2位、「ギザのピラミッド(エジプト)」(7.6%)と続く結果に。日本の自然遺産である「屋久島」(3.4%)、「小笠原諸島」(2.1%)も7位と10位にランクインしました。

調査4:旅行を計画する際、世界遺産のことを意識しますか?
年代別に見ると「訪れたい世界遺産で行く国・場所を決める」と最も多く回答したのは50代(31.8%)、次いで60代(20.5%)という結果になりました。同じ回答をしている10-20代が3.1%なことから、年代が上がるにつれて旅行と世界遺産への結びつきが強い傾向にあることが分かりました。
男女別では、大きな開きがないものの「行く国・場所に世界遺産があれば訪れるようにしている」と回答した男性が42.1%なのに対し、女性は1.2倍の52.1%。女性のほうが旅行先で機会があれば世界遺産を訪れたいと思っている人が多いようです。

調査5: プロポーズしたい、またはされたいスポットの世界遺産を教えてください。
1位~3位は調査3でもランクインした「モン・サン=ミッシェル(フランス)」(16.4%)「アンコール・ワット」(7.5%)、「サグラダ・ファミリア」(5.9%)という結果になりました。

【調査1:あなたがオススメする日本の世界遺産を教えてください。】
上位5位では、1位「古都京都の文化財」(45.6%)、2位「厳島神社」(43.5%)、3位「法隆寺地域の仏教建造物」(36.1%)、4位「古都奈良の文化財」(33.1%)、5位「白川郷・五箇山の合掌造り集落」(32.7%)。7位の「姫路城」(31.7%)まで、文化遺産が続く結果となりました。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/138055/img_138055_1.png

【調査2:あなたがオススメする世界遺産がある国を教えてください。】
1位「イタリア」(18.7%)が2位「スペイン」(10.1%)を大きく引き離しての首位に。およそ5人に1人はイタリアの世界遺産をオススメと答えているようです。3位「フランス」(7.4%)までTOP3はヨーロッパの国が並び、次点で4位「中国」(5.6%)とアジアの国が並ぶ結果となりました。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/138055/img_138055_2.png

1位「イタリア」と回答した人の声
・(ローマ歴史地区)「ヨーロッパの理想像がそのままの地域」(30代男性)
・(バチカン)「世界最高級の宝物が、揃っている」(30代女性)
2位「スペイン」と回答した人の声
・(トレドの大聖堂)「一番高い屋根が十字架の形になっている建物の構造が面白い。また、規模や内装も他に類を見ないほど素晴らしい。」(50代男性)
・(サグラダ・ファミリア)「今もなおガウディが建築計画を立てたサグラダ・ファミリア、それを忠実に再現していること、ガウディの人柄、自然を思い、感じさせる未完成の聖堂は計算されつくした何とも言えない美しさ」(40代女性)
3位「フランス」と回答した人の声
・(モン・サン=ミッシェル)「潮の満ち引きで浮かぶ道等、心の琴線に触れる可能性が高いから。」(40代女性)
・(フォンテーヌブローの宮殿と庭園)「向かうまでの道のりもきれい(ミレーの絵の情景)で、螺旋階段やだまし絵など見所がある。」(30代女性)

また、首位の「イタリア」(18.7%)と回答した人の中からオススメの世界遺産をランキングにすると1位「ローマ歴史地区」(33.5%)、2位「ヴェネチアとその潟」(14.6%)、3位「フィレンツェ歴史地区」(11.4%)という結果になりました。
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/138055/img_138055_3.png

【調査3:いつか行きたいと思っている世界遺産を教えてください。】
2位に倍以上の差をつけて1位となったのは「マチュピチュ(ペルー)」(22.7%)でした。その他、オススメの世界遺産としても多くの声を集めた「モン・サン=ミッシェル(フランス)」(9.2%)が2位、「ギザのピラミッド(エジプト)」(7.6%)と続く結果に。日本の自然遺産である「屋久島」(3.4%)、「小笠原諸島」(2.1%)も7位と10位にランクインしました。
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/138055/img_138055_4.png
また、いつか行きたいと思っている世界遺産にまだ行けていない理由を尋ねたところ下記のような声が。
・(マチュピチュと回答)「遠いので体力があるうちに行きたいのですが、長いお休みがとりづらいので。」(40代女性)
・(モン・サン=ミッシェルと回答)「日程が取れない」(50代男性)
日程との兼ね合いで、まだ行けていないと回答する声が目立ちました。

【調査4:旅行を計画する際、世界遺産のことを意識しますか?】
年代別に見ると「訪れたい世界遺産で行く国・場所を決める」と最も多く回答したのは70代(19.3%)、次いで50代(15.1%)という結果になりました。同じ回答をしている10-20代が10.5%なことから、年代が上がるにつれて旅行と世界遺産への結びつきが強い傾向にあることが分かりました。
男女別では、大きな開きがないものの「行く国・場所に世界遺産があれば訪れるようにしている」と回答した男性が42.1%なのに対し、女性は1.2倍の52.1%。女性のほうが旅行先で機会があれば世界遺産を訪れたいと思っている人が多いようです。
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/138055/img_138055_5.png
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/138055/img_138055_6.png
【調査5:プロポーズしたい、またはされたいスポットの世界遺産を教えてください。】
1位~3位は調査3でもランクインした「モン・サン=ミッシェル(フランス)」(16.4%)「アンコール・ワット」(7.5%)、「サグラダ・ファミリア」(5.9%)という結果になりました。
TOP5の世界遺産のうち3箇所がヨーロッパとなり、日本の世界遺産はランクインせず。一生の記念となるプロポーズを世界遺産で行うなら、海外と考える人が多いようです。
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/138055/img_138055_7.png

【調査概要】
調査タイトル「世界遺産」に関するアンケート調査
調査対象:10代~70代の男女1,442名
調査期間:2017年8月31日 (木)~9月3日(日)
調査方法:インターネット調査

カテゴリ

pagetop