わげんせ web 仏教とお寺と人を結ぶ情報サイト

見る知る聞く

@Press 仏壇にもお墓にもなる、ピンクやブルーの納骨仏壇『花供養墓』テンマック、「エンディング産業展2017」に8月23日から展示

2017年08月21日

株式会社テンマック(本社:東京都世田谷区、代表取締役:一家 明成、以下 テンマック)は、2017年8月23日(水)から東京ビッグサイトで開催されるフューネラルビジネス・エンディング・終活・葬儀・埋葬・仏壇・供養・終末関連のための展示会イベント「エンディング産業展2017」にて、仏壇にもお墓にもなるハイブリッド納骨仏壇『花供養墓 - MUSUBI(むすび) -』を展示いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/135425/LL_img_135425_1.jpg
花供養墓 - MUSUBI -「漆」 朱



■「花供養墓 - MUSUBI(むすび) -」展示の背景
「花供養墓 - MUSUBI -」は、多死社会を迎えお墓が足りなくなることや、お寺離れから手元での供養を選ぶ方が増える、これからのニーズに向けて開発した商品。仏壇とは思えないモダンなデザインの中に、粉骨した遺骨を収納できる機能を持たせ、これからの供養新時代に応えます。


■エンディング産業展2017 概要
日時 : 2017年8月23日(水・祝)・24日・25日(金) 10時~17時
会場 : 東京ビッグサイト 東5ホール(小間番号1-1)
アクセス : 東京都江東区有明3-11-1( http://www.bigsight.jp/ )
参加対象 : フューネラルビジネス・エンディング・終活・葬儀・埋葬・
仏壇・供養事業社
出展内容 : 「花供養墓 - MUSUBI(むすび) -」スタンダード及び漆
公式サイト: http://www.ifcx.jp/


■「花供養墓 - MUSUBI(むすび) -」について
「花供養墓 - MUSUBI(むすび) -」の花は、テンマックが持つ実用新案取得(特許出願中)の技術を使って制作。ひとつひとつが手づくりされる供養花アレンジメントは、生花を用意しなくてもいつも花のある供養を叶えます。
タイプは2種類、ブルーやピンクなどのカラーを用意した48.9万円(税別)の「スタンダード」(全4色)と、68.9万円(税別)の「漆」(全2色※ 受注生産)。いずれも日本の職人が手づくりする国内生産・安心品質。


■商品の特長
◯生花をマイナス30度で凍結させ、それを昇華して無酸素状態にすることで花の美しさを半永久的に保つ供養花(実用新案取得・特許出願中の技術)。
◯供養花は、ひとつひとつデザインされ、熟練スタッフが1点1点を手づくり。
◯ほぼA4サイズ、27センチ四方の箱を積み重ねるコンパクト設計。


■新発売Wプレゼント
◯1体の粉骨を無料サービス(花供養墓は、遺骨を収納するために粉骨します)。
◯ご本尊(宗教別)、位牌、仏器、茶湯器、仏器膳、香炉、おりんをプレゼント。


■会社概要
商号 : 株式会社テンマック
所在地 : 〒158-0093 東京都世田谷区上野毛1-18-27
代表者 : 代表取締役 一家 明成
設立 : 2001年12月
事業内容:「花供養墓 - MUSUBI(むすび) -」の製造及び販売
資本金 : 5,440万円
URL : http://www.hana-kuyobo.com

pagetop